立教大・大城滉二選手が3打数2安打2盗塁、東北楽天スカウト密着

大学野球ドラフトニュース 東北楽天ドラフトニュース 2015年ドラフトニュース

 立教大がオープン戦で日体大と対戦し、今年のドラフト上位候補の大城滉二選手が3打数2安打2盗塁を記録した。

リーグ記録狙う遊撃手

 大城滉二選手は興南高校で春夏甲子園連覇のメンバーとして活躍し、立教大学でも3年秋までに94安打を記録している。明治大の高山俊選手に6本足りないが、通算打率は高山選手が.317なのに対し大城選手が.347と3分も上回っている。

 この日の日体大との試合では、1番ショートで出場し、初回にセンター前ヒットを放つとすかさず二盗を決める。3回にもセンター前ヒットで出塁すると再び二盗を決め、この日は3打数2安打2盗塁と抜群の活躍を見せた。

 大城選手は「真っすぐも変化球もタイミング良く合わせられた」と、今年も大丈夫という自身を感じさせるコメントをしている。また、溝口監督も「大城は昨日まで打撃が良くなかったけど、今日は2安打で2盗塁はイケイケで走ってくれた。けがなくやっていってくれたら」と話し、打撃についてはやや心配もしていたようだが、これであとはケガさえしなければという感じだ。

 

東北楽天スカウトが密着マーク

 大城滉二選手には東北楽天の沖原スカウトが密着マークをしている。星野シニアアドバイザーが補強について、内野手が不足していると指摘しており、また昨年ドラフト3位で福田将儀選手を指名するなど、チームに左打ちの選手が多い事から、右打ちの選手の獲得を目指している。

 この日も大城選手を視察した沖原スカウトは、打撃について「柔らかくて坂本みたい。」と巨人の坂本選手と比較すると、守備でも「ウチの松井稼のような守備」と話した。そして走塁についても「スタートがいいし、センスがある」と話し、「三拍子そろった選手」と高評価をしている。

 内野手を複数人獲得する事も予想される東北楽天、地元の星、仙台育英・平沢大河選手と大城滉二投手の遊撃手2枚を1,2位でという事もあるかもしれない。

2015年度-大学生内野手のドラフト候補リスト

立教大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

 

視察した楽天の沖原スカウトは「打撃は柔らかくて坂本(巨人)みたい。身体能力も高い」と称賛した。

 溝口智成監督(47)は、「オープン戦初戦であれこれ、あまりサインを出さずに行こうと思った。大城は、きのうまで打撃がよくなかったけど、きょうは2安打で盗塁は“行けたら行け”で走ってくれた。けがなくやっていってくれたらと思っている」と大城には変わらぬ信頼感を強調した。

 実戦向きの右打ちの好打者を初視察した楽天・沖原スカウトは「ウチの松井稼のような守備で、三拍子そろった選手」と評価した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント