専修大は1部残留、来年巻き返しへ

伊與田一起, 森山恵佑, 専修大

東都大学リーグの1部2部入れ替え戦は、専修大が1-0で国士舘大を下し、1部残留を決めた。3年生の堀田竜也投手が9回4安打8奪三振で完封した。

下級生のチーム

専修大はこの日スタメンで出場した選手で4年生は2番セカンドの伊與田一起選手と6番レフトの森山恵佑選手(北海道日本ハムドラフト4位)の2人だけだった。秋のリーグ戦は投手を含め4年生が結果を出せず、この入れ替え戦では1年生の平湯蒼藍選手を4番に据え、2年生の福永裕基選手が3番、秦匠太朗選手が5番を打つ。1番にも1年生の池間誉人選手が入っている。

この日は8回まで0-0で同点、9回表を0点に抑えた裏に、4年生の伊與田選手が1アウト満塁の場面でライト前にサヨナラヒット、「打つ気だった。瞬間は頭が真っ白になったけど、やってきたことが出せて良かった」と話した。

伊與田選手は明徳義塾時代に侍ジャパンU18代表に選出され、セカンドのレギュラーとして活躍、大谷翔平選手や藤浪慎太郎投手とともに戦った。2番セカンドで不動のポジションとなり、バントなど犠打の名手として注目された。この日は9回1アウト満塁の場面でスクイズの作戦もあったと思うが、斎藤監督が「スクイズはないぞ」と送り出され、きっちりとヒットで試合を決めた。

「誰よりもバットを振ってきた自信があったので、最後も冷静になれた」と話した伊與田選手、チームを残留させる大きな一打は、この先の野球人生でも大きな一打となった。

専修大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

打席に入る前、斎藤正直監督から「スクイズはないぞ」と言われて送り出されたといい「打つ気だった。瞬間は頭が真っ白になったけど、やってきたことが出せて良かった」と安どの表情を浮かべた。


PAGE TOP