国学院大・小又圭甫投手は152キロ記録も2回降板、東洋大が連勝

東洋大, 小又圭甫, 国学院大, 村上頌樹

東都大学リーグでは、東洋大が国学院大に連勝して首位に立った。国学院大の152キロ右腕・小又圭甫投手は152キロを記録するも2回で降板した。

152キロも

小又圭甫投手は千葉英和高校時代に147キロを記録してプロからも注目された投手で、大学では4年生となった今年春にようやくリーグ戦初登板をし、そこで151キロを記録していた。

2戦目の先発を任されるものの、

専大戦 3回4安打4四死球5奪三振0失点で降板
日大戦 3回3安打4四死球1奪三振1失点で降板
中大戦 2回1安打4四死球1奪三振0失点で降板

と早い回での降板が続き、この日の東洋大戦でも1回1/3を投げ、3安打2四死球0奪三振3失点で降板した。

日大戦やこの日の東洋大戦で152キロを記録するなど球速は出るものの、回転の良い球ではなく、また制球の課題があり腕をしっかり振り切っている感じではない。四死球も多く、ヒットも打たれる状態で、まだ実戦で勝てる投手にはなっていない。

しかし、球が速いのは間違いないので、何かをきっかけに急に好投を見せる時もある。鳥山監督も今季は、3年生エースの清水昇投手が不在の中で、粘り強く小又投手を先発で起用し、それを期待していたと思う。優勝争いをしているチームの中で、先発で起用され続けた意味を感じ、小又投手が急成長してくれることを祈りたい。

東洋大が首位に

東洋大がこの日、1年生の村上頌樹投手が6回2/3を投げて9安打を許したものの6つの三振を奪うなど要所を締めて、2失点に抑えた。村上投手はこれで2勝0敗とした。昨年春のセンバツで優勝投手となり、1年後には東都リーグで優勝の立役者になるかもしれない。

今カードの連勝で東洋大が首位に立った。次節は国学院大と亜細亜大が対戦し、勝ち点を挙げた方が優勝争いに残り、最終節の東洋大vs日大のカードで東洋大が2連勝で勝ち点を挙げればすんなりと優勝がきまるが、1敗したりすると勝率などが絡んでくる。

国学院大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

東洋大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

2017年度-東都大学リーグのドラフト候補リスト

奈良・智弁学園高のエースとして昨春のセンバツ優勝に貢献した村上が、七回途中2失点で2勝目を挙げ「気持ちで押した」と笑顔。


PAGE TOP