侍ジャパン大学代表、森下暢仁投手が5回1安打無失点、辰己涼介選手は2安打

甲斐野央, 伊藤大海, 頓宮裕真, 森下暢仁, 津森宥紀, 小郷賢人, 辰己涼介, 伊藤裕季也

侍ジャパン大学代表が日米大学野球の初戦を1-0で勝利した。先発の森下暢仁投手(明治大3年)が5回をわずか1安打に抑えて無失点、辰己涼介選手(立命館大)がチャンスを作るヒットなど2安打を記録した。

完封リレー

1-0のしびれる試合となり、投手陣が完封リレーで勝利を手にした。先発した森下暢仁投手は140キロ後半の速球と変化球を織り交ぜ、4回までノーヒットピッチングを続ける。5回にヒットを許したものの、5回1安打無失点の素晴らしいピッチングを見せた。

6回からは継投に入り、津森宥紀投手、伊藤大海投手、小郷賢人投手と3年生、2年生の投手が1イニングづつを抑え、9回には159キロ右腕の甲斐野央投手が登板すると、150キロを超える速球で1回をノーヒット2奪三振に抑えて締めた。

攻撃では4回、1アウト1塁から4番の頓宮裕真投手が逆方向へのヒットで1,3塁のチャンスを作り、5番・伊藤裕季也選手が三振もバッテリーミスで2アウト2,3塁とし、なおもチャンスで6番・岩城駿也選手が打席に入る。岩城選手は三遊間への当たりを放ったものの、ショートが好捕してジャンピングスローでアウトとなり先制点を奪えなかった。

しかし6回、ランナーを置いて、3番・辰己涼介選手がヒットでチャンスを広げると、前の打席で三振していた伊藤裕季也選手選手がセンターにヒットを放ち、1点を奪った。

成績は次の通り
1左 逢澤 崚介 明治大   4打数2安打
2右 佐藤 都志也 東洋大  2打数0安打
3中 辰己 涼介 立命館大  4打数2安打
4一 頓宮 裕真 亜細亜大  4打数1安打
5三 伊藤 裕季也 立正大  4打数3安打
6D 岩城 駿也 九州産業大 4打数0安打
7二 上川畑 大悟 日本大  4打数1安打
8遊 児玉 亮涼 九州産業大 2打数0安打
9捕 藤野 隼大 立教大   2打数0安打

P  森下 暢仁 明治大    5回1安打無失点
P  津森 宥紀 東北福祉大  1回1安打無失点
P  伊藤 大海 苫小牧駒大  1回1安打無失点
P  小郷 賢人 東海大    1回1安打無失点
P  甲斐野 央 東洋大    1回0安打無失点 2奪三振

侍ジャパン大学日本代表(2018)選手一覧
侍ジャパン大学代表の日程

投手陣は実力通りの投球を披露した。開幕戦の先発を託された来秋ドラフト上位候補の森下は、5回1安打無失点。9回は今秋ドラフト1位候補で、最速159キロ右腕の甲斐野央が、2奪三振で締めた。伊藤裕は「ピッチャーはすごい信頼できる」と絶賛した。


PAGE TOP