来年ドラフト目玉、森下暢仁投手が主将として明大を優勝に導く

大学野球ドラフトニュース 2019年ドラフトニュース

来年のドラフトの目玉、明治大の森下暢仁投手が今年の練習を終えた。最速154キロの速球を投げる右腕だが、練習ではショートにポジションにも入り、リーグ戦では高い打率を残すなど野球センスが非常に高い。

主将

森下暢仁投手は最速154キロの速球を投げ、今年の東京六大学では春3勝、秋4勝を挙げリーグ通算9勝となっている。また侍ジャパン大学代表ではエースを務め、今年のドラフト候補を含めても大学生投手NO.1の声も聞かれる。

その森下投手は来年、野球人生で初めての主将を任される。東京六大学で投手が主将を務めるのも少ないが、大分商でも明治大でもぐいぐいとナインを引っ張るという感じではなく、マウンド上でも強いアクションで気迫を見せてという感じではない。それでも主将に指名した善波監督は、「マサトは主将になって、大きく変わったんじゃないかな。今も疲れているのに、歩き回ってみんなに声をかけていた。周りが見えるようになったね」と話し、既にその成長を見ている。

その森下選手は、打撃も素晴らしい成績を残している。今年春は22打数9安打で打率.409を記録し、そのうち4本が2ベースヒットで、9打点を挙げている。練習では三遊間の位置からファーストにスローイングをする練習を見せるが、善波監督が、「投げてないときにショートをやってもいいかな」と話すなど、身体能力や野球センスも評価をされている。

来年の課題は、負け数を増やすこと。今年は春秋で7勝を挙げたものの春2敗、秋3敗を喫している。1戦目でエースとの対戦が多いが、接戦をものにできるようにしたい。森下投手も「全然思ったような成績を残していない」と話し、来年は「1戦目は全部取る」と話した。

プロ入りの目標については、直接は話さなかったものの、「春のリーグ戦で結果を出せば、それも見えてくる」と話した。春にリーグ戦で5勝を挙げてチームを優勝に導き、秋にはドラフト1位で指名競合という1年にしたい。

明治大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
2019年度-大学生投手のドラフト候補リスト

野球人生で初めてのキャプテンを任され、自覚が芽生えた。「今まで以上、前に立ってやらないと」。新チーム始動後、練習中には積極的に周囲へ声かけするなど引っ張っている。善波達也監督も「こういう面も持っているんだ。いいねえ」と成長にほおを緩めた。
森下は打撃も武器の一つだ。今春は打率・409、通算でも3割近くのアベレージ。三遊間の位置から一塁へのスローイング練習でも軽快な動きを見せ、指揮官が「投げてないときにショートをやってもいいかな(笑)」と冗談交じりに評すほどの運動神経を誇る。

善波達也監督(56)は、来秋ドラフト上位候補でもあるエース森下を「マサト(暢仁)は主将になって、大きく変わったんじゃないかな。今も疲れているのに、歩き回ってみんなに声をかけていた。周りが見えるようになったね」と頼もしそうに見つめていた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント