早大・早川隆久投手が中央大を6回1失点、8球団スカウト視察し「1位じゃないと獲れない」

中日ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース 東京ヤクルトドラフトニュース 広島カープドラフトニュース 千葉ロッテドラフトニュース 北海道日本ハムドラフトニュース 阪神ドラフトニュース 巨人ドラフトニュース 横浜DeNAドラフトニュース

早稲田大が中央大とオープン戦を行い、155キロ左腕の早川隆久投手が6回3安打1失点の好投を見せた。

スポンサーリンク

牧選手とストレート勝負

早川隆久投手はこの日、ランナーのいない場面では140キロ後半を記録するストレートで押し、ランナーが出ると多彩な変化球を投げ分けて打たせて取った。中央大の4番を打ち、侍ジャパンでも4番を打つドラフト上位候補の牧秀悟選手の第1打席ではストレート勝負を挑み、5球でセンターフライに抑えた。試合前に「初球、内角直球でいくから」と宣言をしていたという。

牧選手とは侍ジャパン大学代表でチームメイトだったが、対戦はこれが初となる。「代表で援護してくれて、いい打者だなと感じていました。力勝負をしたかった」と話した。

高めの球をヒットされ、3回にはノーアウト満塁のピンチを背負ったが、1失点だけに抑えた。6回を投げて3安打5奪三振2四球1失点、最速は149キロだった。

スカウト絶賛

この日はドラフト候補同士の対戦という事もあり、セリーグ全球団と千葉ロッテ、北海道日本ハムの8球団のスカウトが視察、完成度の高さや、ストレート、変化球の一つ一つの質の良さなどを絶賛するコメントが相次いだ。

広島・尾形佳紀スカウト:「スピードは抑えていた印象。コントロールも良いし、色々な球種で勝負できている。即戦力として期待でき、1位じゃないと絶対獲れない投手」

中日・八木スカウト:「バランスもよかった。彼の持つ、ポテンシャルの高いところ」

早川投手はプロ志望届を、9月10日に提出することをあかした。早稲田大の主将が付ける背番号10を背負って投げている事もあり、「大安でもあって、キャプテンの番号でもあるので」と話した。

ドラフト1位の指名は確実で、何球団が指名重複するかが注目される。

侍ジャパン大学日本代表メンバー(2019)
【6月23日更新】 7月16日~21日に日本で行われる日米大学野球に出場する侍ジャパン大学代表の、代表メンバー24選手が決定しました。
2020年度-大学生投手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2020年度-大学生投手-左投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

「悪いなりにゲームメークはできたと思います。直球で押すことはできました。あとは、変化球の精度を出せれば」。冷静に振り返ったが、視察したスカウト陣からは「完成度が高い」「1つ1つが素晴らしい」と高い評価が並んだ。セ6球団、ロッテ、日本ハムの計8球団が見守る中、ドラフト上位候補にふさわしい投球だった。

阪神など8球団スカウトの視察を受けながら、「調子もよくなかったので」とゲームメークに徹した。スピードを抑えた中でも149キロ。中日・八木スカウトは「バランスもよかった。彼の持つ、ポテンシャルの高いところ」と評価した。

視察した広島・尾形佳紀スカウトは「スピードは抑えていた印象。コントロールも良いし、色々な球種で勝負できている。即戦力として期待でき、1位じゃないと絶対獲れない投手」と評価した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント