京産大・北山亘基投手が150キロで2試合連続完封

大学野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

関西六大学リーグでは、京都産業大の151キロ右腕・北山亘基投手が2試合連続で完封勝利を挙げた。

スポンサーリンク

150キロ

北山亘基投手はこの日の大阪経済大戦で、先頭バッターにこの日最速となる150キロを記録すると、3回までをパーフェクトに抑える立ち上がりを見せる。

4回に2アウト1,3塁のピンチを迎えたものの、ストレート3球でショートゴロに討ち取ってピンチを切り抜けると、その後は危なげなく9回まで投げきった。9回4安打7奪三振1四球で完封、北山投手は開幕戦の大阪学院大戦でも9回2安打9奪三振で完封しており、2試合連続完封となった。

昨年春のリーグ戦が無かったものの、これでリーグ通算10勝に到達した。大学屈指の本格派右腕の快投が今後も続きそうだ。是非見たい投手の一人。

2021年度-大学生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2021年度-関西六大学リーグのドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

最初から最後まで隙を見せない。北山は背中でチームをけん引した。初回、先頭宮原怜人内野手(4年・玉島商業)に対しての3球目で、この日最速となる150キロを記録した。「前回から立ち上がりが課題だったので」と反省を生かし、序盤からエンジン全開。初回から三回まで三者凡退に抑えた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント