青山学院大の153キロコンビ・常広羽也斗投手と下村海翔投手がプロ志望表明

大学野球ドラフトニュース 2023年ドラフトニュース

青山学院大で最速153キロの速球を投げる常広羽也斗投手と下村海翔投手が、それぞれプロ志望を明らかにした。

スポンサーリンク

153キロコンビ

常広羽也斗投手は大分舞鶴出身の右腕投手で、180cmだがまだ線は細いものの、最速153キロのストレートは侍ジャパン大学代表候補合宿でも打者を圧倒した。今秋はクローザーとして8試合に登板し防御率は0.30を記録、リリーフであればプロでも即戦力と評価される力がある。

その常広投手は「4年後はプロと思って大学に入ってきた。残り1年が大切になる」と話し、先発投手として来年の活躍を目指す。「チームでそのポジションを勝ち取り、いい防御率を残してタイトルを取れるように。そのためには、イニングをたくさん投げられるようにしなければ」と目標を設定し、オフは毎日ブルペンに入って最高で150球ほどを投げたという。

下村海翔投手は九州国際大付出身の右腕投手で、こちらも176cm73kgと体が大きいわけではないが、最速153キロのストレートを投げる。それでも、「球速からいったん離れ、ストレートの質や伸びにこだわって練習をしています」と話し、球のキレで勝負することをテーマとして新たな投球に取り組む。

その下村投手も「プロ1本です。青学でプロにいくと決めて入ってきた。ぶれずに挑戦したい」と話した。そして「目標は中学の先輩、田中将大さん」と、同じ中学校出身の田中将大投手を目標とした。

主将の中島大輔選手も侍ジャパン大学代表候補合宿では外野手として俊足に肩、打撃でも良いものを見せている。特に足については50m5秒98を記録し、プロも注目をすることになりそうだ。合宿で「体が小さいのかなと思った。スピードは落とさずに、体を大きくしたい」と話し、他のドラフト候補選手に負けない体作りを目標とした。

主将として秋はあと1勝で優勝を逃した悔しさを胸に、「あの悔しい思いは、皆に伝えました。必ずリーグ優勝しよう、日本一になろう、とチームで話し合い、いい方向にいっていると思います」とチームを引っ張る。

主戦投手、そして内外野に人材の集まる青山学院大、覇権を取れそうな陣容で、来年はリーグ戦、そしてドラフト会議が注目される。

青山学院大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
【2023】侍ジャパン大学代表強化合宿(12月)
2022年12月2日から4日に行われる侍ジャパン大学代表強化合宿の招集メンバーが発表されました。
青学大・常広羽也斗&下村海翔、OB吉田正尚トレに刺激受け 右腕コンビがプロ志望明言 - アマ野球 : 日刊スポーツ
東都大学野球1部・青学大は24日、相模原市内のグラウンドで練習納めを行った。人生で初めて主将となった中島大輔外野手(3年=龍谷大平安)は「高校ではキャプテンタ… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
【大学野球】 青学大の153キロコンビの新たなこだわり 常広羽也斗は「先発」下村海翔は「直球の質」
 東都大学リーグの青学大は24日、神奈川・相模原市の同校グラウンドで今年最後の全体練習を行い、来秋ドラフト候補に挙がる常広羽也斗投手(3年=大分舞鶴)、下村海翔投手(3年=九州国際大付)の最速153キ
青学大の最速153キロ右腕 常広、下村がプロ志望公表/東都
東都大学野球の青学大は24日、神奈川・相模原市のグラウンドで全体練習を終了し、常広羽也斗投手(3年、大分舞鶴)、下村海翔投手(3年、九州国際大付)の最速153キ…
青学大・常広羽也斗、下村海翔の最速153キロ右腕コンビがプロ志望を明言/デイリースポーツ online
 東都大学野球リーグの青学大が24日、神奈川・相模原市内の同大学グラウンドで年内の活動を終え、常広羽也斗投手(3年・大分舞鶴)と下村海翔投手(3年・九州国際大付)の最速153キロ右腕コンビがプロ志望を明言した。 常広は今季はリリーフ登板が多かったが、来季は「先発のポジションを勝ち取って、防御率を残してタイトルを取りたい...
青学大の『153キロ右腕コンビ』常広羽也斗と下村海翔がプロ志望宣言【東都大学野球】:中日スポーツ・東京中日スポーツ
東都大学野球で今秋は”あと一歩”で優勝を逃した青学大が24日、今年最後の全体練習を相模原市中央区のグラウンドで行い、153キロ右腕コン...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント