青山学院大・佐々木泰選手が3ランなど4安打6打点と爆発して決勝へ

2024年ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース

大学野球選手権は準決勝が行われ、青山学院大は5番サードの佐々木泰選手が3ランホームランを含む4安打6打点の大活躍でチームを決勝に導いた。

スポンサーリンク

低めの球をすくい上げ

佐々木泰選手は初回、福井工大戦で放ったホームランのように、低めの球をすくい上げると、打球はレフトスタンドに飛び込む3ランホームランとなり、青学大が3点を先制した。

その後も3回にレフトへタイムリー、4回にはセンターにタイムリーヒットを打ち、8回には2ベースヒットでチャンスを広げてコールド勝利につなげた。春季リーグ戦では打率.178と低迷したが、リーグ戦最後の中大戦で逆転3ランホームランを放ってから吹っ切れたように好調な打撃を見せている。

「リーグ戦が終わってから、スイング軌道を修正しようと練習してきた結果、バットのヘッドがかえらずにバットに乗せられたと思います」と話す佐々木選手、ドラフト候補としていよいよアピールができるようになった。しかしそれよりも今は、青学大の選手権連覇を主将として目指す。「前年度優勝校で、2連覇というプレッシャーもありますが、それに打ち負けず。これまでも、勝ち切る強さを求めてやってきたので、最後はそれをしっかり出しきりたい」と力強く話した。

【2024】大学野球選手権、決勝の対戦カードと注目選手一覧
全日本大学野球選手権、決勝の対戦カードと注目選手の一覧です。
【大学選手権】青学大が2年連続決勝進出 ドラフト候補の佐々木泰が先制本塁打含む4安打6打点 - アマ野球 : 日刊スポーツ
青学大(東都)が天理(阪神)を破り、2年連続で決勝進出を決めた。主将の意地がバットに乗り移った。試合前、ドラフト候補で主将を務める佐々木泰内野手(4年=県岐阜… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
青学大が10―2で天理大に八回コールド勝ち 2連覇へあと1勝 佐々木泰主将が3ラン含む4安打6打点/大学野球選手権
全日本大学野球選手権第5日は15日、神宮球場で準優勝が行われ、2連覇を狙う青学大(東都)が10-2の八回コールドゲームで天理大(阪神)に快勝した。主将の佐々木泰…
【大学選手権】青学大・佐々木泰が決勝導く6打点…相手監督も「ボール球」内角攻めを驚弾 - スポーツ報知
 準決勝が行われ、早大(東京六大学)と青学大(東都大学)が決勝に進出した。早大はタイブレークの末、東日本国際大(南東北大学)を下した。9回から登板した1年生右腕・安田虎汰郎が“魔球”チェンジアップを武
青学大・佐々木 大会記録に迫る6打点で2連覇王手 決勝の早大戦「六大学は負けられない相手」 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 準決勝2試合が行われ、青学大と早大が決勝に進んだ。青学大は今秋ドラフト候補で主将の佐々木泰内野手(4年)が決勝3ランを含む4安打6打点の活躍で天理大に8回コールド勝ち。早大は同じくドラフト候補の吉納翼外野手(4年)が全4得点を叩き出し、延長10回タイブレークの末に東日本国際大に勝利した。きょう16日の決勝は青学大が1...
青学大連覇王手 佐々木が豪快先制3ラン含む6打点大暴れ!早大との決勝戦「勝ちたい気持ちは誰よりも強い」/デイリースポーツ online
「全日本大学野球選手権・準決勝、青学大10-2天理大」(15日、神宮球場) 準決勝2試合が行われ、青学大が天理大に10-2で八回コールド勝ちし、同校初で2011年の東洋大以来13年ぶりとなる、史上6校目の連覇に王手をかけた。今秋ドラフト候補...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2024 Draft home page

コメント