ドラフト番付~夏の甲子園場所

ドラフト番付

夏の甲子園大会も7日目が終わり、全チームが出場しました。現段階でのドラフト番付を発表します!

 

2012年ドラフト番付

投手野手
藤浪晋太郎大阪桐蔭横綱北條史也光星学院
松井裕樹桐光学園・2年大関高橋大樹龍谷大平安
大関田村龍弘光星学院
大関森友哉大阪桐蔭・2年
吉川雄大智弁和歌山・2年関脇金子凌也日大三
関脇田端良基大阪桐蔭
関脇園部聡聖光学院・2年
濱田達郎愛工大名電小結石井信次郎東海大甲府
小結笠松悠哉大阪桐蔭・2年
黄本創星木更津総合前頭1渡辺諒東海大甲府
竹石智弥新潟明訓前頭2宇佐美塁大広島工
岡野祐一郎聖光学院前頭3佐藤拓也浦和学院
神原友東海大甲府前頭4高野勇太木更津総合
出口心海盛岡大付前頭5下妻貴寛酒田南
城間竜兵光星学院前頭6岩成亮祐成立学園・1年
会田隆一郎酒田南前頭7渡辺郁也仙台育英
菅原秀福井工大福井前頭8石井一成作新学院
知久将人札幌第一前頭9大崎健吾常総学院
竹内諒松阪前頭10佐藤大将愛工大名電
照屋光浦添商前頭11東明生北大津
伊藤侃嗣常総学院前頭12笹川晃平浦和学院
宮里泰悠浦添商前頭13木村斗史稀愛工大名電
山本竜也天理前頭14吉村昂祐天理
谷岡竜平成立学園・2年前頭15斉藤慎次郎札幌第一
蔭地野正起智弁和歌山十両岸本大志旭川工

 投手の横綱は断トツで藤浪晋太郎投手。153kmのストレートを軸にしたピッチングはプロでもなかなか見られないものだった。野手の横綱は北條史也選手。ホームランの打撃もあるが、遊撃手での守備も含めて高橋大樹、田村龍弘よりも上になった。

 大関の二人の2年生、松井裕樹投手と森友哉捕手は横綱と評価しても良かったが、次の場所で活躍したら横綱昇進としたい。

 関脇では智弁和歌山の吉川投手に期待したい。8安打で3失点し負け投手となったが大きな変化球と見えにくい140kmのストレートは来年期待できる投手だと思う。園部選手も来年の候補だが4番の風格を見せていた。

 木更津総合・黄本投手は147kmを記録、上体の力に頼ったフォームだが、力のあるストレートで大阪桐蔭打線と真っ向勝負し三振を奪った球威は大学ですぐに活躍するでしょう。スタミナや下半身を使ったフォームなどを習得して成長を期待したい。

 仙台育英・渡辺投手は野手として評価、スイングスピードが速く初戦2打数2安打2打点は相手ピッチャーを恐れさせた。投手としても141kmを投げるので、強肩野手としても見てみたいと思いました。

 全体的には地方大会で有力選手が敗れた事もあり、特に投手の候補が少ないと感じました。また2年生の活躍が目立ち、今年のドラフト候補としても1位指名されそうな選手がいます。来年もこの選手達が成長して甲子園に姿を見せることを期待しています!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント

  1. 凄いぜ
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  2. やっぱ

  3. そうですか、ありがとうございました!

  4. 帝京高の渡邉隆太郎、プロ志望出さずに社会人の富士重工に決まったそうです。昨日、地元の富士宮に戻り、直接本人から確認しました。3年後のプロを期待!