【更新】スポニチ大会、富士重工・東明大貴投手、完封!

2013年ドラフトニュース

 スポニチ大会の1回戦、富士重工vsNTT東日本の試合では昨年、桐蔭横浜大でドラフト候補だった東明大貴投手が148km/hのストレートを武器に3安打9奪三振で完封勝利を上げた。捕手は同じく桐蔭横浜大出身で、大学時代東明投手をリードしていた唐谷良磨選手。

  • スポニチ大会の注目選手一覧!
  • ルーキー東明「緊張」も3安打完封デビュー! - スポーツニッポン:2012/03/13

     富士重工の桐蔭横浜大出身のルーキー・東明が、3安打完封で鮮烈なデビューを飾った。

     最終回は2死一、三塁のピンチを招いたが、1点を守りきり「初めての公式戦で緊張しました。後ろにはたくさん投手がいるので、いけるところまで飛ばしていこうと思って投げました」と笑顔を見せた。水久保国一監督は「持ち味の直球が走っていた。よく投げてくれました」とねぎらっていた。 ニュース元のスポーツニッポンのサイトもご覧ください

    スポンサーリンク
    スポンサーリンク
    スポンサーリンク
    シェアする
    ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

    コメント