オリックスドラフト7位の小木田敦也投手が、契約金3000万円、年俸800万円で仮契約

2021年ドラフトニュース オリックスドラフトニュース

オリックスは、ドラフト7位で指名したTDKの小木田敦也投手と、契約金3000万円、年俸800万円で仮契約を結んだ。

スポンサーリンク

社会人5年目

小木田敦也投手は角館高校3年の夏に急成長を遂げ、最速147キロの速球で秋田大会準々決勝・能代松陽戦でノーヒットノーランを達成し注目された。

地元の強豪チームTDKに進むと、高校卒3年目の2019年からドラフト候補として名前が上がっており、都市対抗予選などで素晴らしい投球をしていたものの、一昨年、昨年の指名はなかった。

そして今年も、エースとして好投を続けると、オリックスのドラフト7位でようやく指名を受け、社会人5年目でプロ入りを果たした。5年目と言っても大学卒の社会人1年目と同じ年代の23歳でまだ若い。

投球は153キロの速球にスライダー、チェンジアップなどの多彩な変化球を、相手の打者を見ながら投げるような、巨人の菅野智之投手に近い投球をする。ドラフト7位指名ではあるが、1年目からファンを納得させるような投球を見せてくれると思う。

2022年度-社会人投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2021年ドラフト会議、指名選手一覧
2021年のドラフト会議は10月11日に行われ、支配下ドラフトが77人、育成ドラフトで51人の、合わせて128人が指名されました。
オリックス7位・小木田敦也投手が仮契約「任されたポジションで力を出し切る」/デイリースポーツ online
 オリックスからドラフト7位指名を受けた小木田(こぎた)敦也投手=TDK=が8日、秋田市内で入団交渉に臨み、契約金3000万円、年俸800万円で仮契約を結んだ。(金額は推定) 最速153キロの直球が武器だ。「自分の持ち味はストレートと打者に向かっていく姿勢なので、そこを生かして、任されたポジションで力を出し切れるように...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント