巨人ドラフト2位の山田龍聖投手が、契約金7500万円、年俸1200万円で契約

2021年ドラフトニュース 巨人ドラフトニュース

巨人は、ドラフト2位で指名したJR東日本の山田龍聖投手と、契約金7500万円、年俸1200万円で契約した。この日は入団発表も行われた。

スポンサーリンク

153キロ左腕

山田龍聖投手は高岡商時代に伸びのあるストレートを投げ、甲子園では根尾、藤原の大阪桐蔭に好投を見せた。ドラフト上位候補と注目されたが、力不足を感じたといい社会人野球のJR東日本に進んだ。

JR東日本では体が一回り大きくなり、投げるストレートも153キロを記録する。反面、制球に課題が出ていたが、荒れ球と力のある速球で投げるタイプになっていた。それもあってか社会人野球でなかなかなげる機会が得られなかったが、今年の都市対抗2次予選では先発して長いイニングを抑えると、リリーフでも気合のこもった投球を見せていた。

プロではどんなタイプの左腕投手になるか分からないが、巨人にはやや少ない力のある球を投げる左腕投手で、その成長と活躍が非常に期待される。

先発としても期待したいが、山口鉄也投手のようなリリーフとしての姿もイメージできる。

2022年度-社会人投手-左投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2021年ドラフト会議、指名選手一覧
2021年のドラフト会議は10月11日に行われ、支配下ドラフトが77人、育成ドラフトで51人の、合わせて128人が指名されました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント