中日は来年も地元志向、大阪桐蔭・根尾昂選手、名城大・栗林良吏投手を狙う

中日ドラフトニュース 高校野球ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース 2018年ドラフトニュース

中日は来年のドラフト方針について、大阪桐蔭の根尾昂選手や、名城大の栗林良吏投手をマークしていく事が分かった。

地元の素材

中田スカウト部長は来年のドラフト方針について、「素材がよく地元志向というのは来年も変わらないと思う」と話し、「根尾もそうだけど、栗林もその一人」と具体的な選手名も挙げた。

根尾昂選手は大阪桐蔭だが、出身は岐阜県で地元の選手としてすでにマークをしている。また名城大の栗林良吏投手も153キロを投げる地元大学の注目選手で、こちらも他球団に譲れない地元選手で、こちらにも徹底マークをしていく。

中日は今年、静岡のヤマハ・鈴木博志投手を1位指名し、5位で中京大中京の伊藤康祐選手を指名した。評価が同じくらいならば地元を優先するというのは他球団も一緒だと思うが、FAでも岐阜出身の大野奨太捕手を獲得するなど、ナゴヤドームの営業的にも地元選手を積極的に増やしていくという球団の方針もありそうだ。

また今年は鈴木投手も含めて素材型の選手にこだわりを見せた。落合GM時代のドラフトとはガラッと変わり、選手を育てていくチームに変わろうとしている印象だった。栗林投手も最速153キロだが常時では140キロ前半という事も多く、まだ素材型といえる。

成績が低迷している中日、その中で地元と育成のチーム作りで、昇竜を目指す。

2018年のドラフト候補一覧
2018年度-東海のドラフト候補リスト
2018年度-愛知大学リーグのドラフト候補リスト
2018年度-東海地区のドラフト候補リスト

地元スター発掘へ名城大153キロ腕栗林 日刊スポーツ紙面 2017/12/31

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント