東北楽天ドラフト2位・小野郁投手、二刀流に前向き

東北楽天ドラフトニュース 2014年ドラフトニュース

 東北楽天はドラフト2位で指名した西日本短大付・小野郁投手の元に福田スカウト副部長らが訪れ、指名のあいさつを行った。大久保監督が二刀流を示唆した事について、前向きな姿勢を示した。

二刀流

 小野郁投手は投げては153km/hを記録、打っても高校通算25本塁打の長打力があり、プロ野球のスカウトは投手としても野手としても高い評価をしていた。

 ドラフト2位で指名した東北楽天の大久保監督が、二刀流で育てたいという思いがあることを小野選手に伝えると、「両方評価していただいたので興味がわきました」と二刀流について前向きな姿勢を示した。

 そして目標とする選手について、「投手安ら藤川球児さん、打者なら今宮さん」と名前を挙げ、今宮選手については、「長距離打者だったのにプロではつなぎに徹しているのがすごい」と話した。

 

 最速153キロを誇る一方、高校通算25本塁打と非凡な打撃センスを持つだけに、大久保監督は二刀流で育てるプランも示している。小野は「投手に集中したいという思いもあるけど、両方やってみたいという気持ちも出てきた」と二刀流挑戦に色気を見せた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント