花巻東・大谷翔平選手が本日会見、栗山監督は「非常に楽しみ」

大谷翔平, 花巻東

 花巻東・大谷翔平選手が本日、奥州市内のホテルで北海道日本ハム・栗山監督などと共に会見に臨む。会見を明日に控え、栗山監督はトークショーで「あした大谷君のところへ行ってきます」と話すとファンから歓声が起こった。そして、「すいませんもあり得る。逆に緊張感も高まる」と話したものの「非常に楽しみ」と語った。

 同席会見という事で、わざわざ来てもらって断るということはないだろう。栗山監督は用意している背番号11について「いい日旅立ちというイメージかな。」と話し、「ダルとはダブらない。違うタイプの選手になると思う。いい番号になる」と入団を前提にコメントをした。

 また、今日の会見では「悪いのはオレだから。まずは、おわびがしたい。謝り尽くすから」と話し、大谷選手がメジャーに挑戦を表明しながらも指名をしたことを謝罪し、大谷選手側への誹謗中傷が的外れであることを明らかにする。

栗山監督「いい日旅立ち」大谷の活躍確信! - サンケイスポーツ:2012/12/9

 10月25日のドラフト強行指名から1カ月半。大安吉日の9日、一度はメジャー挑戦を決意した大谷が日本ハム入りを表明する。超大物の入団を誰よりも心待ちにしているのは栗山監督だ。

 

 「指名したときから来てくれると信じている。(大谷の)将来のために日本ハムが必ず役に立つと思っている」

 

 球団は昨季までダルビッシュがつけた背番号11を用意。11番のイメージを聞かれた栗山監督は「“いい”日旅立ち。いい番号になる」と昭和の歌姫、山口百恵の名曲のタイトルを出して入団を確信。プロで羽ばたこうとする大谷に、栗山流の歓迎メッセージを送った。

 球団はすでに3日の入団交渉で昨年までダルビッシュが背負っていた背番号「11」を提示。その番号について、指揮官は「“いい日旅立ち”のイメージ。ダルとはダブらない、違う選手になると思う」。一度はメジャー挑戦を表明しながら、計6度の交渉で気持ちの変化が起きた18歳へ「二刀流という夢のある選手をつくること、北海道につくることは使命」と大きな夢を思い描いている。

 

 イベントの最後に「来季に向けて一言」と求められた栗山監督が「あした大谷君のところへ行ってきます」と声を張り上げると、集まったファンからは「おー」というどよめきと、大きな拍手が起こった。160キロ腕が入団を表明する瞬間を、指揮官も道民も待ちわびている。

  「日本ハム・大谷」誕生へは、喜びと不安が入り交じっていた。「どういう答えかは聞いていない。(会見に)同席する形なので、非常に楽しみが増えるけど、『すいません』もあり得る。逆に緊張感も高まる」。大谷がメジャー挑戦を翻意して日本ハム入団となれば、中傷が増加する可能性もあるが「悪いのはオレだから。まずは、おわびがしたい。謝り尽くすから」と語った。


PAGE TOP