北海道日本ハムのドラフト1位、有原航平投手が仮契約

大学野球ドラフトニュース 北海道日本ハムドラフトニュース 2014年ドラフトニュース

 今年のドラフト会議で4球団が1位指名し、北海道日本ハムが交渉権を獲得していた早稲田大・有原航平投手が、契約金1億円、出来高5000万円、年俸1500万円の上限で仮契約を結んだ。

今年のドラフトの主役

 187cmから156km/hの速球を投げ、チェンジアップ、スライダー、カーブなどの変化球もある右腕として、今年のドラフト会議で主役となった早稲田大・有原航平投手が、ついにプロ野球選手となった。

 有原投手は「実感が湧いてきました。先発させてもらえるならば、最後までマウンドにいられる投手になりたい。」と話し、先発としての役割を希望した。そして目標とする選手については「縦の変化球で打ち取れるレンジャーズのダルビッシュさんが目標です」と話した。

 

縁のある先輩に勝つ必要

 北海道日本ハムは大谷翔平投手、上沢直之投手、浦野博司投手などが活躍を見せたが、頭数が揃っているとは言えない。先発の4番目、5番目の枠を争う事になるがそこには広陵高校で4つ上の先輩となる吉川光夫投手、早稲田大学で4つ上の先輩の斎藤佑樹投手と二人のドラフト1位投手がいる。

 二人とは入れ替わりとなり一緒にプレーした事は無く、有原投手も「斎藤さんは大学で入れ替わりだし、吉川さんも年末のOB会で話すぐらい。先発をやるからにはライバルになる。先輩後輩は関係なく、自分の力を出していきたい」と二人に勝負を挑む。

 まずはひじを直す事に専念したい。そして1軍、2軍でくすぶる先輩を前に156km/hの速球を見せられれば、先輩の目の色も変わってくるだろう。競争で日本ハム投手陣は上向きになるかもしれない。

 「実感が湧いてきました。先発させてもらえるならば、最後までマウンドにいられる投手になりたい。直球が速く、縦の変化球で打ち取れるレンジャーズのダルビッシュさんが目標です」。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント