西武ドラフト1位・渡部健人選手が最高額で仮契約、超重量打線へ

2020年ドラフトニュース 埼玉西武ドラフトニュース

埼玉西武は、ドラフト1位で指名した桐蔭横浜大・渡部健人選手と、契約金1億円プラス出来高5000万円、年俸1600万円の最高額で仮契約を結んだ。

スポンサーリンク

山川、中村と並んだ打線を早く見たい

外れ1位指名だったものの、最高額での仮契約となった渡部選手は、「山川選手や中村選手を超えられるように、スケールの大きい選手になりたい」と意気込みを見せた。

潮崎編成ディレクターは、来年の打線について、3番キャッチャー・森、4番ファースト・山川、5番DH・中村、6番サード・渡部という打線をイメージし、「中村とよく似ているところで動ける。山川、中村と渡部が並んだ打線を早く見てみたい」と話した。

打撃の迫力も、そして体重でも超重量打線となりそうで、期待が膨らむ。110kgを超える体重があるものの、内野手としてフットワークの良さを見せる渡部選手、来年のキャンプでその動きを、球団関係者、プロ野球ファンにアピールしたい。

2020年ドラフト会議、12球団指名選手
2020年のドラフト会議で指名された選手一覧です。ドラフト会議は10月26日に行われ、合計123人が指名されました。
西武ドラ1渡部、山川と中村超える!「スケールの大きい選手に」/デイリースポーツ online
 西武からドラフト1位で指名された桐蔭横浜大の渡部健人内野手(21)が15日、横浜市内で入団交渉を行い、契約金1億円プラス出来高払い5000万円、年俸1600万円で合意した。「(同僚の)山川選手や中村選手を超えられるように、スケールの大きい選手になりたい」と意欲を示した。 大きな体から放つ長打力が魅力だ。まずは来年の開...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント