阪神、1位抽選で2度外すも評価高い選手で巻き返す、石直球・石崎剛投手も指名

社会人野球ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース 阪神ドラフトニュース 2014年ドラフトニュース

 阪神は昨年の抽選を思い出させるように2度の抽選を外した。しかしそれでも評価の高い選手を揃え、全体の評価でも上位にランクされるドラフト会議だった。

和田監督、1位で2度の抽選外す

 2013年のドラフト会議では最初に指名した大瀬良大地投手を広島に持っていかれ、2度目に指名した柿田裕太投手を横浜DeNA・中畑監督に持って行かれた。岩貞投手が柿田投手よりも先に1軍登板して勝利を挙げ一矢を報いたのだが、今年のドラフト会議で再びやられた。

 ドラフトの前に有原航平投手の1位指名を公表して臨んだものの、抽選は強運の津田社長に1つ手前の順番で持って行かれた。残りくじだった和田監督はなすすべもなかった。セリーグでは残り1試合で2位と3位が確定している。もし順位が逆転していたら、津田社長の先に抽選できたかもしれないが、そうなるとCS突破は無かったかもしれない。これも運というものだろう。

 そして外れ1位の指名で、先に横浜DeNAの指名で山崎康晃投手の名前が呼ばれると、和田監督は苦々しい顔になった。東京ヤクルトと横浜DeNAは左腕投手の指名の可能性が高いと予想していた。広島が山崎投手を高く評価しており、もしかすると広島がという思いもあっただろうが、ふたを開けると横浜DeNAと昨年に続き2度目の外れ1位での争いとなった。

 そして抽選は素早く開票した中畑監督が2年目となる余裕でガッツポーズを見せた。

 

巻き返しの指名

 ドラフト1位指名を外すと、ドラフトの勢いが無くなることがある。ましてや2度も外すと。しかし阪神はここから巻き返した。横浜DeNAなどが狙っていたとみられる新日鐵住金鹿島の横山雄哉投手を1位で指名すると、2位でも同じチームの石崎剛投手を指名した。

 そして3位では1位候補にも名前の上がっていた駒大・江越大賀選手を指名して1位の失点を着実に取り戻した。江越大賀選手は遠投120m、に182cmの体がありながら50m5.8秒の俊足を持つ身体能力の高さが抜群の選手。打撃では粗さが目立ち、春のリーグ戦は打率.184と低迷したものの、この秋は打率.357に2本塁打で何かをつかんだ感じがある。

 直前の試合でも多くのスカウトが1位候補と話した選手を3位で獲得した。

 

勢いの横山、石直球の石崎

 この二人は当初はチームが二人ともプロに送り出すことをためらっていたらしい。社会人ではチームから大量にプロに指名されてチーム力が弱まる事を避けるため、1チームからプロに行く選手の人数を決めていたり、またはチーム内で誰が先に行くというようなことで調整をすることもある。

 横山雄哉投手も石崎剛投手も今年の都市対抗で好投して評価が1位2位まで挙がったのだが、実はチームは都市対抗に出場できなかった。横山雄哉投手は全足利の補強選手として、石崎剛投手は富士重工の補強選手として別のチームのユニフォームを着て投げていた。そんな事情もあり会社としては二人を送り出すのは難しいとしていた。それでも最終的にはプロの評価が非常に高い事などからOKを示した。

 横山投手は投球はもちろんだが、高校卒3年目という若さと勢いがある。左腕という事もあり大いに期待できる。また石崎剛投手は、都市対抗でリリーフとしてフル回転したが、投げた球はほとんどがストレートで変化球は数球だけだった。まさに石直球と言える。

 

 ドラフト会議の結果が出るのは数年後という。それでもドラフト会議当日に勢いを失わずに盛り返した阪神は素晴らしい。

 

 

 横山は2年前は制球が定まらず、ビデオ係など裏方を務めた時期があったという。低めの内外角に10球ずつ投げられるまで、時には300球近く投げ込んで克服した。

 「本当にほっとした。高校時代はプロ志望届を出して指名を受けられず、悔しい思いをした。挫折を乗り越えられたのも周りのおかげ。甲子園は高校(山形中央)の時にふがいない投球をしたので、悔しさを生かしたい」と話した。社会人の3年間で体重は72キロから82キロへ10キロ増。球速も6キロアップの147キロになった。「甲子園でリベンジしたい」と決意を新たにした。石崎とは休日にも食事をともにする仲で「一緒にできることは素直にうれしい」と頼もしそうだった。

  「新人だけど、1軍の勝利に1年目から貢献したい。セ・リーグを代表する打者、阿部慎之助さんと対戦したい。直球がセ・リーグの打者に通用するか確かめたいです」

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント