ドラフト指名3投手はピリッとせず反省も、社会人野球日本選手権

社会人野球ドラフトニュース 東京ヤクルトドラフトニュース 東北楽天ドラフトニュース 阪神ドラフトニュース 2014年ドラフトニュース

 社会人野球日本選手権大会では、Honda鈴鹿vs明治安田生命、JR東日本東北vsHondaの試合が行われ、ドラフト会議で指名された投手が登場したものの、ピリッとしなかった。来年の候補は好投を見せた。

Honda鈴鹿の土肥寛昌投手、守屋功輝投手

 Honda鈴鹿は東京ヤクルトからドラフト6位で指名された土肥 寛昌投手が先発すると、2回に2失点するなど5回2/3を投げて9安打を浴びた。なんとか2失点に抑えたものの、「相手の狙いをもう少し早く見抜けていれば」と反省をした。

 またHonda鈴鹿は3-2と勝ち越した7回にの2アウト1,2塁の場面で、阪神からドラフト4位指名を受けた守屋 功輝投手が登板した。しかし守屋投手は死球で満塁にすると、走者一掃の3ベースヒットを浴びて3失点、8回9回は抑えて2回1/3で1安打、自責点1も、四球を3つ与えるなど課題を見せた。

 それでも阪神の熊野スカウトは「うちにいないタイプだし、先が楽しみ」と評価をしていた。

 

JR東日本東北・加藤正志投手

 またHondaとJR東日本東北の試合では、東北楽天からドラフト6位で指名されたJR東日本東北・加藤正志投手が8回から2番手として登板し、延長10回までの3イニングは無失点に抑えた。

 しかし延長11回は先頭打者にヒットを許し、1アウト2塁からヒットを浴びてサヨナラで敗れた。加藤投手は「ああいうところで勝ち切れる投手になりたい」と話し、藤井監督も「拍手で送り出してやりたかったが、これだとけちをつけないといけない」と厳しく指摘をした。

 

Honda・石橋良太投手

 Hondaの先発は1年目の石橋良太投手、拓殖大で172cmながら150km/hの速球を誇った投手で、この日はコントロールが良く、8回1/3を5安打4奪三振で1失点に抑える好投を見せた。勝ち星は付かなかったがチームは延長11回にサヨナラで勝利した。

 来年のドラフトで上位に入ってくる可能性のある投手、プロでも1年目から森唯斗投手(2013年福岡ソフトバンク・ドラフト2位)のような活躍を見せられる投手かもしれない。

 1点リードの七回二死一、二塁で登板も、最初の打者に死球。「カーブが抜けた。あれが痛かった」。ピンチを広げると144キロの速球を右翼線に運ばれた。それでも、見守った阪神・熊野スカウトは「うちにいないタイプだし、先が楽しみ」と評価。

 藤井監督は「拍手で送り出してやりたかったが、これだとけちをつけないといけない」と苦言を呈した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント