センバツ決勝の対戦カードと注目選手

高校野球ドラフトニュース 2017年ドラフトニュース

センバツ高校野球はいよいよ決勝戦となります。大阪桐蔭と履正社が、全国の舞台でどっちが大阪NO.1かを決める事になりました。

決勝戦

履正社高校
西山虎太郎2年
180cm64kg 右左
 1年生秋に履正社のショートのポジションを任される。軽快なフットワークがあり、肩の強さも見せる。
打力はもう少しだが、体ができてくればさらに注目される選手となりそうだ。
B+
筒井太成2年
168cm64kg 右左
 打撃センス抜群で1年生から5番などを打ち活躍見せるB
松原任耶2年
186cm64kg 右右
 伸び盛りの大型内野手。神宮大会準決勝までの3試合で7打点を記録。弧を大きく描きながらもインパクトまで無駄のないスイング軌道で鋭い打球を連発。 
安田尚憲3年
188cm92kg 右左
 体幹がしっかりしていてどっしりとして力強いスイングで鋭い打球を放つ強打者で能力が高い選手!A
竹田祐3年
182cm83kg 右右
 力強い腕の振りから威力がある球を投げる能力が高いピッチャーB+
若林将平3年
180cm86kg 右右
 パワーのある体から痛烈な打球を放つ右の大砲候補。
2年夏は6番をうち満塁弾などを放って甲子園出場に貢献、2年秋の新チームからは4番として痛烈な打球のホームランを放つ。
B+
田中雷大3年
177cm81kg 右右
 130キロ台だが粘りのある投球を見せ、明治神宮大会の福井工大福井戦で6回3失点と好投。
打っても決勝点となるホームランを放った。
B
松井百代3年
180cm77kg 左左
 左の本格派タイプ、バランスの良いフォームからの投球だが、オーソドックスともいえる
下半身を太くして力強い球を期待したい投手。
B
石田龍史3年
174cm78kg 右右
 ライトやファーストを守り、チームの1番を打つ。
足とボールへのコンタクトの良い選手。
B-
片山悠3年
174cm83kg 右右
 思い切りのよい打撃で本塁打も見せる
安定したリード
B-
大阪桐蔭高校
根尾昴2年
178cm75kg 右左
 鋭い腕の振りでスピンが利いていて威力がある球を投げる能力が高いピッチャー特A
藤原恭大2年
182cm76kg 右左
 オール枚方の核爆弾
打っては柳田を彷彿するスイングから場外を連発
投げては140キロ⚾️
練習試合でもホームランを打って核の違いを見せつけた。
先輩海部大斗に並ぶ天才
A
横川凱2年
187cm70kg 左左
 角度と勢いがあるボールを投げるポテンシャルが高いピッチャーB+
中川卓也2年
174cm71kg 右左
 野球センス抜群で能力が高い好打者で投手としてもキレが良い球を投げる!B
宮崎仁斗2年
173cm
 ボーイズ日本代表のキャプテン、大阪桐蔭入学後は主に外野手として活躍。 
山田健太2年
183cm 右右
 中日本選抜の5番として世界大会優勝。このときのキャプテンで3番は根尾昴で4番は敦賀気比に進学した杉森圭輔捕手、秋季では不調だったが今後の活躍に期待。 
香川麗爾3年
173cm73kg 右右
 力強いスイングで広角に長打が打てる強打者。
投手としても勢いがあるボールを投げる。
B+
徳山壮磨3年
181cm70kg 右右
 上背がありボールのキレが良い。球速も徐々に伸ばしており、大阪桐蔭のエース候補として期待されている。B+
山本ダンテ武蔵3年
182cm75kg 右右
 広島の瀬戸シニアに所属していた選手でハーフの豪快なパワーの持ち主。正随二世B+
井上大輔3年
173cm61kg 左左
 腕の振りが力強くて勢いがある球を投げる投手B
加藤大貴3年
180cm70kg 右左
 打撃・守備ともに高いレベルの選手。B
泉口友汰3年
173cm58kg 右左
 卓越したミート力に長打も兼ね揃えた打撃と鉄壁の守備を誇る関西No.1ショート。
投手としてもストレートにスライダー、カーブを交えた投球ができる。
B-
坂之下晴人3年 大阪桐蔭のセカンド手B-
福井章吾3年
166cm74kg 右左
 中学2年の時、夏の甲子園をテレビで見て一人の選手に目を奪われた。今、西武ライオンズで活躍するOBの森友哉捕手だ。小さい体で力いっぱいプレーする姿に感動した。自らも身長166センチ、体重74キロと小柄だB-
岩本久重3年
181cm83kg 右右
 馬力があり長打力と地肩の強さが魅力な選手C
坂本義生3年
172cm67kg 右左
 八尾中央ボーイズ出身
2014年度ボーイズリーグ関西選抜
C
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント