デイリースポーツがセンバツ出場高校生を評価、根尾選手、日置選手、増田選手などにプロ評価

根尾昂, 日置航, 小幡竜平, 奥川恭伸, 増田陸, 井上広輝, 新保利於

デイリー高校野球では、センバツに出場した高校生選手を評価している。大阪桐蔭の根尾昂選手、日大三の日置航選手、明秀日立の増田陸選手など遊撃手の候補について、プロのスカウトがコメントをしている。

遊撃手に注目選手

デイリースポーツの高校野球特集では、遊撃手に注目選手が集まったとし、大阪桐蔭の根尾選手やセンバツには出場していないが注目の報徳学園・小園海斗選手など関西の遊撃手に対し、完投からも遊撃手の候補が出てきたとしている。

明秀日立の増田陸選手については、東北楽天の仁村スカウト副部長が「打つにしても、守るにしても、走るにしても、高校生でなかなかあれほどスムーズに動けない」と評価し、巨人・岡崎スカウト部長が「一番目立った選手」とコメントした。

また日大三の日置航選手選手は8打数5安打でホームランも放ち、東北楽天の仁村氏は「去年よりだいぶ成長している」と評価した。

また根尾選手について中日の中田SDは「近代野球に必要な選手」と評価すると、延岡学園の小幡竜平選手について阪神の畑山チーフスカウトが「根尾や小園らと比較される存在になる可能性がある」と評価、さらに瀬戸内の新保利於選手も評価を高めた。ソフトバンクの永井球団統括本部編成・育成部長兼スカウト室長は「いい選手が多かった。スカウトは忙しくなるんじゃないかな」と話し、スカウトにとっても充実した大会となった。

投手には物足りなさも

しかし投手にとっては厳しい大会となった。大阪桐蔭の柿木蓮投手は、準決勝の三重戦で4回2失点で降板し、決勝は根尾選手にマウンドを譲った。中央学院の145キロ右腕・大谷拓海投手もサヨナラ本塁打を浴びて初戦で去った。中日の中田SDは「ピッチャーが思ったより、全体的に期待よりはどうかな」と物足りなさを口にしていた。

3年生の投手が苦しむ中で、2年生投手が輝きを見せ、日大三の井上広輝投手が大会最速タイの147キロを記録、星稜の奥川恭伸投手も144キロの速球を投げ、リリーフなどで好投しチームのベスト8入りに大きく貢献した。巨人の岡崎スカウト部長は「絶対来年入ってくると評価をした。

2018年センバツ大会ドラフト候補番付 

遊撃手豊作、強肩発動・根尾、強打さく裂・日置、赤マル急上昇・増田 デイリースポーツ紙面 2018/4/11

 


PAGE TOP