星稜・奥川恭伸投手のスカウト評価、巨人・菅野、田中将大、前田健太、江川、小松の名前

星稜高, 奥川恭伸

センバツ1回戦の履正社戦で3安打17奪三振完封勝利を挙げた星稜の奥川恭伸投手に、プロ12球団とMLBスカウトから絶賛の嵐が挙がった。巨人の菅野智之投手、ヤンキースの田中将大投手や、ドジャース・前田健太投手、江川卓投手、小松辰雄投手等の名前も挙がった。

12球団スカウト評価

パリーグ

西武ライオンズ・渡辺GM:「試合をコントロールする能力があり、将来、日本を代表する投手になり得る。見た目も大きいし球に力がある。スライダー、フォークもハイレベルにある。抜けている。ある程度完成されているものの伸び代もたくさんある。これからさらに高いレベルに行くと思うよ」

福岡ソフトバンク・福山アマスカウトチーフ:「大きく間違えないから、ゲームメーク能力が高い。田中将大投手の高校時代と遜色ない。悪い時の奥川君も見てみたい。」

北海道日本ハム・大渕スカウト部長:「完成度が高い。いつでも放れるスライダーが素晴らしい。もうこれでスターですね。本当にいい投手はコメントも少ないんです。」

オリックス・谷口スカウト:「履正社の清水君も好投手だけれど、奥川君と比べてしまうと大人と子どものように違って見えてしまう。」

千葉ロッテ・松本球団本部長:「ものが違う。直球の伸び、スライダーのキレが抜群。いい意味で強弱をつける投球ができている。メリハリをつけるセンスがある。ダルビッシュとか活躍している投手の共通点。高校生のレベルではない。普通は夏に飛び抜けるものだが、この時期に、これだけ投げられる。びっくり。プロでも早い時期に出てくる投手。」

東北楽天・後関スカウト部長:「自分のスタイルを持っている。制球が良いので自滅しない。ある程度、思ったところに投げられ、強弱もつけられる。要所で力を入れるセンスもある。」

セリーグ

広島・苑田スカウト統括部長:「これだけスピードがあって、ボールに力もキレも制球もある投手はなかなかいない。12球団すべて即戦力として見ているのでは。タイプ的には中日の小松辰雄、そういえば彼も星稜だったね」

広島・高山スカウト:「腕が遅れて出てくるのが彼の持ち味。今日は少し高めにぬける球もあったが、スピードがあるので打者は振ってしまう。夏までにもっと伸びそうな選手ですね。」

東京ヤクルト・橿渕スカウトグループデスク:「真っすぐはもちろん曲がりの遅いスライダーがいい。速いスライダーも打者の手元で曲がるから真っすぐに見える。去年よりスケールが大きくなった。巨人・菅野みたい。高校生では打てない。大学、社会人の投手を含めてもトップクラス」

巨人・長谷川スカウト部長:「上体の使い方が柔らかく、投げる瞬間で力を集約するのがうまい。コントロールもいいしスピード以上に低めのボールがきている。本当に楽しみな選手です。」

横浜DeNA・吉田スカウト部長:「マエケンみたい。高校時代を比べれば奥川の方が上。上体が柔らかく、内角ストレート、外のスライダーの組み立てが上手。カウントが取れ、勝負球にもなるスライダーは、プロでも打てない。ステップが小さいから球に角度もつく。スピードガン以上に早く見える。フォームに癖がないし、鍛えていけばスピードもまだまだ出る。1位12人に入る可能性はある」

中日・音スカウト:「初戦にしてはまあまあ。四球を出さないのは評価できる。いろいろな球を試していたね。まだセンバツ。まだまだ上がってくると思うよ」

阪神・筒井スカウト:「いい意味で、力通りの投球ができている。大舞台にも臆することなく投げられていますね。バッテリーで考えているのでしょうが、打者への入り方を見ても頭がいいなと感じます。」

MLB

フィリーズ・大慈弥スカウト:「腰高で江川を思い出す。スライダー、カットボール、フォークもいい。アメリカはフライボール革命の影響で高めの強い球と低めがあれば抑えられる。そういう野球に合っている投手。大船渡・佐々木と双璧」

ツインズ・高橋国際スカウト:「フォームの沈み込みが浅い分、球に角度がある。メジャーのマウンドに合いそう」

センバツ第1日目の対戦カードと注目選手
センバツ注目投手TOP5は?
2019年度-高校生投手のドラフト候補リスト

▽西武渡辺GM 試合をコントロールする能力があり、将来的に日本を代表する投手になり得る。見た目も大きいし、球に力がある。フォークの落差もすごい。抜けている。

日米15球団は称賛の嵐。巨人・長谷川スカウト部長は「マエケンみたい。高校時代を比べれば、奥川の方が上。上体が柔らかく、内角直球、外のスライダーの組み立てが上手。ステップが小さいから球に角度もつく。スピードガン以上に速く見える。(ドラフトの)1位12人に? 十分入る可能性はある」と評した。


PAGE TOP