丹生高・玉村昇悟投手が147キロを記録、9球団のスカウトが視察に訪れた

丹生高, 玉村昇悟

高校生の注目左腕投手の一人、丹生の玉村昇悟投手が敦賀気比を相手に登板するとして、9球団のスカウトが顔を見せた。

147キロ記録

丹生の玉村昇悟投手はこの日、初回に2安打を許した後、味方のエラーで1失点、3回にも2ベースヒットの後にタイムリーヒットで1失点と序盤からヒットを浴びて失点を許した。9回まで12安打浴びて4失点と、強豪・敦賀気比の打線の攻撃を受けた。また押し出し四球など6つの四球を出した。「相手の対策にやられた。完敗です。外角に張ってベースギリギリに立たれて攻めきれなかった。甘い球を全部、打たれた。打たれ過ぎですね。」と反省の言葉が次々と出てきた。

それでも春木監督は「今日は一段と悪かったが、投球自体は上手だった。直球を見せ球にして変化球をうまく使っていた。そういうこともできるんだと。よく頑張ったと思う」とねぎらいの言葉をかけた。

ただし、この日の玉村投手は自己最速を更新する147キロを記録した。ストレートの威力は十分で、ランナーを背負ってからのインコースのストレートでせめて三振を奪った。

この日は9球団のスカウトが視察した。その素質とストレートの威力は十分。これから強豪を相手に1試合を投げて抑えるための次の段階に入ってくる。まだまだ成長する余地が十分ある。

2019年度-高校生投手-左投のドラフト候補リスト

 


PAGE TOP