佐賀大会の組み合わせが決定、佐賀商は146キロ右腕・野田匠投手が注目

川口剛輝, 野田匠, 済木龍輝

佐賀大会の組み合わせが決定した。展望をまとめます。

スポニチ

公立、私立ともに実力が拮抗している。攻守ともバランスがいい春の王者・佐賀商が一歩リードするか。好素材そろう東明館、龍谷、佐賀学園ら実力派私立に、佐賀北、鳥栖、唐津商、鳥栖工、伊万里ら公立が食らいつく。6月の県内大会を制した進学校の鹿島が台風の目となりそう。

日刊

昨夏甲子園経験の済木龍輝内野手率いる佐賀商が有力。佐賀学園、東明館、龍谷などの強豪がどこまで食い下がるのか。昨秋の九州大会初出場の北陸、合同チームで挑む鹿島がダークホース的存在。佐賀北、鳥栖、有田工も実力は十分

報知

今春Vの佐賀商が中心。最速146キロの2年生右腕・野田匠が中心の投手陣を、主将・済木龍輝が引っ張る打線が援護する。東明館は186cmの長身右腕・川口剛輝と右サイドの一ノ瀬とタイプの違う投手をそろえ、初出場を狙う。昨秋V、春準Vの佐賀学園も差はない。

西日本スポーツでは、済木選手について紹介をしており、昨年夏は1番ショートで甲子園に出場したがノーヒットに終わり、高岡に1-4で敗退した。それから体重が63kgから76kgに増し、強い打球を打てるようになった。遠投110mの肩と広い守備範囲がある遊撃手で、今年は主将としてチームを引っ張る。

2019年度-高校生-佐賀県のドラフト候補リスト


PAGE TOP