大船渡・佐々木朗希投手に8球団スカウト、「チーム状況無視してもいきたい」

佐々木朗希, 大船渡高

大船渡の佐々木朗希投手はこの日、由利高校と練習試合を行い、先発して3回を3安打無失点に抑えた。抑え気味の投球で最速153キロだった。視察した8球団のコメントをまとめます。

スカウトコメント

この日は8球団21人のスカウトが視察、オリックスは福良GM以下6人態勢、阪神も3人態勢で視察した。東京ヤクルトはスカウトチーフが「チーム状況を無視しても行きたい選手」と絶賛した。

セリーグ

◎横浜DeNA・三原球団代表:「リリースがしっかりしていてボールの角度がある。リミットを外した時にどんなボールを投げるのか期待感がある。」

◎横浜DeNA・進藤編成部長:「リリースも安定していてスケールが大きい。本気で投げた球が何球あったか分からないけど、リミットが外れたときにどれくらい投げるか、ワクワクする」

◎阪神・葛西スカウト:「歴史の中で最速で、そこに来て変化球の精度が高い。身長190cm台の投手が力をセーブして投げるのは難しい技術。手足が長いとばらつくのに器用さを感じた。故障なくしっかり投げているのを確認できてよかった。この夏は全試合マークしていく」

◎東京ヤクルト・橿渕スカウトグループ次長:「変化球もうまいし、強さとテクニックがある。強さと柔軟性のある投手。高校生としてこれだけ能力を秘めているピッチャーは初めて。今年に限らず、今までにもなかなかいない。大谷翔平選手に匹敵する。最終的にはチーム状況によるけど、それを無視してでもいきたい素材。」

◎中日・八木スカウト:「一番いい時を見てるから、調子が良くないように見えるだけ。直球と同じ軌道で来て曲がる変化球も一級品。」

◎中日・山本チーフ補佐:「とりに行くか行かないかだけ」

パリーグ

◎埼玉西武・前田育成アマ担当チーフ:「高校生NO.1です。スピードだけではなく、変化球も多彩で精度が高い。剛だけでなく柔。テクニックも持っている。現時点でも十分だけど、さらに期待が持てる。うちもその時期が来たら(1位指名公表が)あるかもしれないしないかもしれない。」

◎千葉ロッテ・柳沼スカウト:「スピードがある選手はいるが、変化球もいい選手は少ない。」

2019年ドラフト指名予想
2019年度-特Aランクのドラフト候補リスト

ヤクルト橿渕聡スカウトグループ次長 変化球をうまく投げていた。強さと柔軟性のある投手。(1位指名は)最終的にはチーム状況によるけど、それを無視してでもいきたい素材。

試合は8球団21人のスカウトが視察。DeNAの進藤編成部長は「スケールが大きい。本気で投げた球が何球あったか分からないけど、リミットが外れたときにどれくらい投げるか期待感がある」。ヤクルト・橿渕スカウトグループデスクも「変化球もうまいし、強さとテクニックがある。高校生としてこれだけ能力を秘めているピッチャーは初めて」と絶賛していた。

7月11日に開幕する夏の岩手大会を2週間後に控える中、ネット裏にはNPB球団8球団21人が集結した。阪神は担当の葛西スカウトを含め3人体制、オリックスは最多の6人体制。「190センチの投手がセーブして投げるのは、かなり難しい。器用だな」と高い投球能力を評価した。

ネット裏には8球団21人のNPBスカウトや球団関係者が視察。ヤクルト橿淵スカウトグループデスクは「今年に限らず、今までにもなかなかいない。大谷翔平選手に匹敵する。チーム状況を無視してでも(指名に)いきたい投手」と最大級の賛辞を送った。コメントはしなかったが、DeNA三原球団代表、オリックス福良GMも視察に訪れた。


PAGE TOP