四天王が去っていく高校野球に1年生が新風、高知・森木大智投手が148キロ4回無失点、仙台育英・笹倉世凪投手も140キロ台連発

高知高, 仙台育英, 森木大智, 笹倉世凪

1年生が活躍を見せている。高知の150キロ右腕・森木大智投手は、最速148キロの速球で4回1安打無失点のリリーフを見せた。仙台育英・笹倉世凪投手は2試合連続の先発を任され、左から140キロ台を連発した。

リリーフエース

背番号1を背負う高知高の森木大智投手は、先発した140キロ右腕の安岡拳児投手が5回で無失点に抑えると、6回からリリーフ登板をした。ブルペンでは調子が悪かったというが、「7、8割の方がいいなと思って、楽に投げました」とマウンドでは楽に投げて140キロ中盤を連発した。

最速は148キロを3度記録、スライダーのキレが素晴らしく5つの三振を奪った。制球も問題なく、4回1安打5奪三振1四球で無失点、完全に戦力となっている素晴らしい投球を見せた。今日の決勝は明徳義塾と対戦する。

2戦連続で先発

また仙台育英は、1年生左腕の笹倉世凪投手が東北学院榴ケ岡戦で先発した。森木投手が中学時代に軟式で150キロを記録していたが、笹倉投手も左腕で147キロを記録していた。

今大会では2日前の仙台高戦で先発し、6回4安打無失点の好投をみせており、この日も先発をした。初回は130キロ台後半だったが2回になると140キロを連発し143キロを記録した。しかしこの日は2安打2四球と制球が安定しておらず、3回途中、2回1/3を投げた所で降板した。仙台育英は鈴木千寿投手、大栄陽斗投手、伊藤樹投手の140キロ中盤トリオで抑え、最後には相手を突き放して10-0で勝利した。

高校四天王のうち3人が高校野球を終えていく中で、2年後に同じように注目されそうな1年生が続々と出てきている。

2021年度-高校生のドラフト候補リスト

4回からキャッチボールで準備を始め、ブルペンでの調子は悪かったという。マウンドでは力感を修正し「7、8割の方がいいなと思って、楽に投げました」。夏2戦目で緊張もなく「落ち着いていた。時間がゆっくりという感じでした」と、冷静に振り返った。

ブルペンでは本調子ではなかったが「マウンドで修正できた。ちょっとコツをつかんで、7~8割で投げた方がいいなと思って、力まず投げました」。リリースの瞬間の力加減に修正を加え、自己最速タイの148キロを3球マーク。打っては八回に公式戦初安打となる右前タイムリーを放った。「時間がゆっくり感じました」。研ぎ澄まされた集中力で、チームを4年ぶりの決勝に導いた。


PAGE TOP