141キロ左腕の明秀日立・飯田真渚斗投手は練習試合で21奪三振記録

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

明秀日立の141キロ左腕・飯田真渚斗投手は、銚子商との練習試合で21奪三振を記録し、来年のドラフト候補として注目される。

スポンサーリンク

小島和哉投手タイプ

飯田真渚斗投手は176cmの左腕投手、中学時代は軟式でプレーし、入学当初は球速は125キロだったが、この秋に141キロまで早くなっていた。そして秋に行った銚子商との練習試合では、1試合21奪三振を記録した。完投した試合では2ケタ奪三振は当たり前だという。

浦和学院で2013年にセンバツで優勝をし、千葉ロッテで好成績を残す小島和哉投手に似ている。キレのある球が左バッターのインハイを切り裂く。「1点を守り切る投球がしたい。インコースを攻めきっていきたい」と話した。

来年春の茨城春季大会から夏にかけて注目されそうだ。

2021年のドラフト候補
2021年のドラフト候補選手一覧です。 ドラフト候補選手の動画とみんなの評価サイトもご覧ください。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント