夏の高校野球・群馬大会(2021)の注目選手:ドラフト注目度C

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

夏の高校野球群馬大会、健大高崎の250発打線や速球派投手を中心に、注目される候補がいるものの、全体的に現時点で名前の挙がっている選手が少なく、ドラフト注目度はC。

スポンサーリンク

地区

昨秋は健大高崎が優勝し、センバツにも出場した。準優勝は前橋商で、ベスト4に館林と桐生第一。春は関東学園大付が優勝し、東農大二が準優勝。ベスト4に太田と館林が入った。

健大高崎が強打線を土台に優勝候補の筆頭にいるが、打線は水物という言葉もある通り、隙がないわけではない。春優勝の関東学園大付が追いかけ、前橋商、前橋育英といった実力校に、秋・春と安定して力を見せている館林、太田。そして桐生第一、東農大二、樹徳などが追いかける展開。

注目選手

前橋育英の皆川岳飛選手が注目される。181cm81kgの左の打者で、高校1年時から注目されたシャープなスイングからの強打は3年になって迫力がついてきた。高校通算22本塁打まで伸ばしている。投げても145キロの強肩があり、外野手として楽しみな選手。

健大高崎では高校通算50本塁打の小澤周平選手をまず挙げたい。これだけ打っていながらもなかなか名前が挙がってこないのは、172cm75kgと大きくない事もあるだろうが、やはり力はあると感じさせる。逆に名前が挙がるのは捕手の綱川真之佑選手と森川倫太郎選手で、綱川選手は捕手として2秒を切る送球に、高校通算21本の長打力、森川選手は186cm88kgの恵まれた身体がある。

投手でも、健大高崎の今仲泰一投手が注目される。昨秋は右肘の故障により、実績的にエースとしての活躍がまだ出来ていないが、180cm80kgから146キロの速球を投げる投球は目を惹く。

関東学園大付の篠原正紀投手も注目。177cm78kgの右腕投手で、最速145キロの速球を投げる。力感の無い130キロ後半の球で打ち取り、ギアを挙げると140キロ台が出てくる。まだポテンシャルがありそうな投手。

その他の選手

前橋育英は182cm75kgの左腕・菊池楽投手が139キロを記録、普段は130キロ前半の伸びのある球と変化球で抑える。173cm73kgの右腕・外丸東眞投手も最速142キロを記録する。

健大高崎は180cm80kgの桜井歩夢選手も三拍子揃った好選手で、打撃、肩、守備が注目される。1番バッターの堀江晃生選手も思いきりの良い選手で、高村尚杜選手も恵まれた身体からの一発がある。高松将斗投手も142キロを記録しており、投手陣の安定感が鍵となる。

関東学園大付は2枚看板の石原勇斗投手も168cm70kgから144キロの速球を投げ、2年生の堀越蒼空投手も142キロを記録する。これらの投手をリードする福岡莉空捕手は二塁送球1.83秒を記録する強肩で注目、更に1番の根岸拳心選手は、打撃のセンスと長打力は群馬県屈指と評価される。

市立太田は137キロを記録する右腕の大澤祐一郎投手や、強打者として注目の大和田陸選手、逆方向にも強い打球を打ち、投手としても登板する湯澤慶選手など好選手がそろう。

前橋商は、二塁まで2秒前後の強肩捕手・蛯谷亮介選手と、189cm82kgの大型外野手・萩原蒼真選手など、おもしろい選手がいる。太田高の澤田大和選手はシャープな打撃の3番バッター。守備や足も評価される内野手。高崎商の渡辺克紘捕手は洞察力に優れ、相手チームが嫌がる捕手。

伊勢崎清明は182cmの右腕で139キロを記録する清水智仁投手が、しなやかな腕の降りからの質の良い球を投げ、将来が注目される。安中総合の下山祥宏投手も左から130キロ後半の速球を投げる。嬬恋の佐藤龍玖選手は昨年までは外野手も、今年は左から力のある球を投げる投手として活躍する。

下級生では桐生第一の北村流音投手が141キロを記録しており、4番を任された三塚琉生選手は181cm83kgの身体がある左の強打者。来年までの成長が楽しみ。

2021年度以降-高校生-群馬県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント