夏の高校野球・静岡大会(2021)の注目選手:ドラフト注目度B

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

夏の高校野球静岡大会、プロ注目の190cm右腕やセンバツでも活躍した大型野手などの逸材が揃う。将来が楽しみな選手も比較的多く、ドラフト注目度はB。

スポンサーリンク

地区

昨秋は藤枝明誠が優勝し、準優勝に常葉大菊川。ベスト4に加藤学園と三島南が入った。三島南が21世紀枠でセンバツに出場をしている。

春も藤枝明誠が優勝、掛川西が準優勝。浜松工業と静岡がベスト4に入った。

藤枝明誠がトップに君臨しており、掛川西、常葉大菊川、静岡、加藤学園が追う展開。浜松工、東海大静岡翔洋、御殿場西などがダークホースとなる。

注目選手

静岡高の高須大雅投手は192cmから145キロの速球を投げる。身体も徐々に強くなっており、球速もいよいよ140キロ中盤から後半を伺うようになってきた。更に力強さを増したいが、プロ入りした後の成長も期待できる。

掛川西の沢山優介投手は静岡県の左投手の一番手。185cm84kgの身体から144キロの速球を投げる。まだ身体を強くできるが、社会人入りを希望しており、数年後にその力を見せてくれるだろう。

三島南の前田銀治選手は181cm94kgの大型外野手で、高校通算は29本まで増やしている。投げても143キロ、走っても50m6.0秒も足があり、高い身体能力を持つスラッガーとして、プロもかなり高い評価をしてくるのではないかと思う。

島田商の太田拓夢選手もプロが注目する。打撃では学校のグラウンドの防球ネットを越えていく威力があり、外野手から捕手に転向してからは捕手としての評価も高まっている。

他にも袋井高の後藤駿介投手は173cm68kgの左腕投手で、抜群のキレを誇るストレートとスライダで、イニング数を大きく上回る三振を奪うドクターK。プロのスカウトが注目している。

その他の選手

掛川西は、144キロの速球を投げる榊原遼太郎投手が2枚看板として活躍をしている。2年生の山本柊太投手も185cmから130キロ後半を投げる大型右腕投手として注目。打撃の良い松浦祥真選手、中山一輝選手や、2年生の狩俣藍生選手、羽切佑太朗選手に、俊足の柴田優作選手などが機動力を見せられるか。1年生にも大型強肩捕手の落合倭吹輝選手、大型で足もある堀内聡志選手など楽しみな選手が多い。

静岡高は俊足のセンター・相田康慎選手が打撃も良く、高いレベルにある選手。同じく俊足の池田惟音外野手もスピードがある。投手ではエース・高須投手をサポートする形で、141キロを記録した。2年生の吉田優飛投手の台頭が期待される。

藤枝明誠の小林輝投手も170cm67kgの左腕で、最速は134キロだが、スライダーのキレが凄まじく、イニング数を大きく上回る三振を奪う。2年生の山田蓮投手もチェンジアップを使って好投を見せる。180cm86kgの右の大砲で高校通算30本塁打を打つ川瀬譲二選手に、2年生の青木廉征選手なども打撃が良い。

常葉大菊川は元広島の広瀬純氏を父に持つ広瀬蓮選手が、187cm84kgの身体から強い打球を放つスラッガー。1番の赤井宏輔選手ももともと4番を打っており、1番バッターでも本塁打を連発する爆発力がある。投手も141キロを記録する小山星南投手に、2年生の安西叶翔投手が185cm83kgの大型投手で将来が期待される。

加藤学園は166cm74kgと上背はないものの、高校通算30本塁打を放つ佐藤陸斗選手と、抜群のスイングスピードから長打を打つ植田颯斗選手が注目。打率も残せて一発もある雨宮快成選手に、昨年の甲子園交流試合で1番遊撃手で出場し、3塁打、2塁打を打った太田圭哉選手も注目。2年生の石山拓真投手など、投手陣が成長を見せられるか。

東海大静岡翔洋の鈴木豪太投手は173cm80kgの右腕で、伸びのある140キロの速球を投げる。2年生の180cm80kgの内野手・大野俊平などの打撃に期待。袋井の堀川悠吏選手は180cm72kgから高校通算32本塁打を打つ。

浜松開誠館は3年生の磯部瑠生投手が139キロ、平林洸晟投手が143キロの速球を投げ、1年生の137キロ左腕・広崎蓮投手、143キロ右腕の近藤愛斗投手も中学時代から注目されていた。打者でも1年生の本多駿選手、吉松礼翔選手が活躍しており、今年の活躍とともに、2年後にどんなチームになっているのかが楽しみ。

磐田東は角度のある球を投げる冨田優吾投手と、144キロの球を投げる水野琉唯投手がおり、二人が揃えば他校はかなり脅威となる。駿河総合も185cmから139キロの速球を投げる西島賢介投手と、2年生で184cm左腕の原崎翔陽投手が潜在能力も含めて注目したい投手。聖隷クリストファーもともに130キロ中盤を記録する柴田和輝投手と肥田雄策選手の2枚看板がいる。

伊東商の石黒豊生投手は136キロ左腕で強い球を投げ、打撃にもパワーを見せる。知徳高の金具玲魁投手も135キロを記録、清水東の金高祐津紀投手も130キロ後半の速球が魅力。島田樟誠の今村文哉投手は181cmから130キロ台の直球とスプリットを投げる。静岡市立の丸山颯人投手はサイドから力強い球を投げる。磐田東の馬渕堅心投手は春に1試合15奪三振を記録した。御殿場南の芹沢健太投手も181cmから130キロ中盤の速球を投げる。

浜松工は3年生の清水翔和捕手が170cm72kgと小柄だが県屈指の強肩捕手と注目される。2年生の4番・近藤爽太選手は186cm80kgの身体があり、来年が非常に楽しみなスラッガー。御殿場西の高林伶選手は、ショートの守備は県NO.1と呼び声もある。1年時から主軸を打った渡辺一龍選手も足と強打がある。常葉大橘の青木駿登選手も174cmで50m6.0秒の足があり高い打率を残す。

沼津東の勝田己太郎投手は130キロ中盤の速球を投げ、50m5秒台の足もある。同じく椎田康聖選手も50m5.9秒の足が光る。浜松日体の勝山天翔選手も4番でシャープな打撃を見せる。三島南では小堂湧貴選手も173cm90kgの身体から強打を見せる。斎藤崇晃選手も出塁して足を使える選手。袋衣商の中山勝喜捕手は強肩捕手。

浜名高の馬塚翼多選手は高打率を残す外野手で、長打力も増している。

2021年度以降-高校生-静岡県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント