143キロ右腕、西日本短大付・大嶋終投手が3回無失点、福岡ソフトバンクが評価

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース 福岡ソフトバンクドラフトニュース

最速143キロの速球を投げる西日本短大付の大嶋終投手が、3回無失点の投球を見せ、福岡ソフトバンクのスカウトが評価をしている。

スポンサーリンク

3回無失点

この日の八女農戦で先発をした大嶋終投手は、「立ち上がりはあまり得意じゃない」と話すように、1回に四球とヒットで得点圏にランナーを背負ったが、無失点で切り抜けると、2回からは安定した投球を見せた。

3回を投げて3安打5奪三振無失点、最速は141キロを記録した。「力を抜いてリリースをしっかり出す意識をして投げたら良くなりました」と話す。

大嶋投手は昨年秋に、九州国際大付戦に登板したものの、「相手の雰囲気にのまれていた」と話し、1-3の結果以上に圧倒された感覚を味わっていた。そこで、冬は50mの坂道ダッシュを繰り返し、1日に100本をこなしたこともある。「冬に練習してきたから大丈夫」と自信を持ち、この夏に挑んでいる。

この日は福岡ソフトバンクの岩井スカウトが視察をしたが、「春に比べても、かなり良くなっている。投げっぷりが良くて、フォームのバランスもいい」と評価した。

「145キロも投げたいけど、チームが勝つことが一番」と話す大嶋投手。甲子園出場という結果で示す。

2021年度-高校生-福岡県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
夏の高校野球・福岡大会(2021)の注目選手:ドラフト注目度A
夏の高校野球福岡大会、ドラフト指名確実のAランク選手はまだいないものの、152キロの速球を投げる191cmの右腕・柳川大晟投手、150キロ右腕の井崎燐志郎投手は夏に一気に跳ね上がる可能性がある。野手にもプロが注目する選手が多く、ドラフト注目...

ネット裏ではソフトバンクの岩井隆之スカウトが視察。「春に比べても、かなり良くなっている。投げっぷりが良くて、フォームのバランスもいい」と絶賛した。

視察したソフトバンクの岩井隆之アマスカウトは「春先より全然よくなってる。(球の)伸びっぷりがいい」と高評価。打っては2安打2打点と投打に存在感を出した。「チームが勝つのが一番です」。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント