センバツ出場の広陵の1年・真鍋慧選手が初打席ホームラン、内海優太選手は3打席連続ホームラン

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース 2023年ドラフトニュース

センバツで注目される広陵の1年・真鍋慧選手が、この日解禁となった練習試合で初打席でいきなり3ランホームランを放った。

スポンサーリンク

初打席

広島国際学院との練習試合で真鍋慧選手は、1アウト1、3塁で回ってきた今年最初の対外試合の初打席で、5球目の外角のストレートに反応すると、打球はセンター左の柵を越えるホームランとなった。

高校通算11号。昨年秋の明治神宮大会で怪物候補と注目され、この冬は逆方向に強い打球を打つことをテーマに取り組んだ。「最初はタイミングが取れず、芯で捉えられなかった。冬の間にやってきたことが、実戦ですぐ出たことは良かったです」と話した。

その後、第2打席はファーストフライも、第3打席では再び逆方向のレフト戦への二塁打を放ち、その後2打席は四球を与えられた。中井監督も「甲子園に出てくる投手はそんなに簡単ではないが、振る力はある」と話し、新2年生のバットに期待を込めた。

3打席連続

また広陵では真鍋選手の前の3番を打つ内海優太選手も注目される。185cm83kgの左のスラッガーで、この日は第1打席はライトフライ、第2打席は空振り三振だったが、第3打席から3打席連続ホームランを放った。

「1試合3発は高校では2回目。修正できたのがよかった」と話した。

内海、真鍋の超強力打線が、センバツで大いに注目される。

2023年度-高校生のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
広陵高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
広陵のボンズ・真鍋 豪快春1号!「1年生BIG4」進化証明 「勝つためにがむしゃらにやりたい」  - スポニチ Sponichi Annex 野球
 高校野球の対外試合が5日解禁され、第94回選抜高校野球大会(18日から13日間、甲子園)出場校が各地で今年初の練習試合に臨んだ。昨秋神宮大会準優勝の広陵は広島国際学院と対戦し、1年生「BIG4」の1人、真鍋慧(けいた)内野手が初打席で高校通算11号の先制3ランを中堅左に運んだ。
【高校野球】広陵がセンバツに向け好発進 練習試合で“ボンズ”真鍋慧が決勝3ラン、内海優太は3打席連続本塁打
 センバツ(18~30日・甲子園)に出場する広陵(広島)が、練習試合が解禁された5日、広島国際学院戦で大勝。“広陵のボンズ”の異名を持つ4番・真鍋慧一塁手(新2年)は第1打席でいきなり3ランを放った。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント