日大豊山のプロ注目捕手・狩野光晴選手が攻守に活躍

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

日大豊山のプロ注目捕手・狩野光晴選手が、春季東京大会1回戦で攻守で活躍を見せた。

スポンサーリンク

二塁送球1.81秒

狩野光晴選手は177cm76kgの捕手で、二塁送球は1.81秒を記録しプロも注目する。50m6.0秒の俊足も魅力の選手。

この日は春季東京大会の1回戦・共栄学園との対戦で6番捕手で出場すると、初回に2アウト2、3塁の場面でショートへの当たりを、俊足を活かして内野安打として打点を挙げた。

また守備でも背番号11の布施蒼生投手を好リードし、9回1失点で完投勝利に「しっかり投手とコミュニケーションが取れた」と話した。

持ち前の強肩を見せる場面はなかったが、今後、その肩の威力を見せる時がありそうだ。

2022年度-高校生捕手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
日大豊山のプロ注目捕手・狩野が攻守で躍動 1安打1打点&好リードで1失点完投導く - スポニチ Sponichi Annex 野球
 日大豊山は4―1で共栄学園を下し2回戦に進出した。プロ注目の狩野光晴(3年)は「6番・捕手」で出場し1安打1打点。初回、1点を先制しなおも2死二、三塁から、50メートル6秒0の快足を生かして遊撃適時内野安打を放った。

二塁送球タイム1秒81の強肩捕手は狙い球を絞らせないリードで、背番号11の右腕・布施蒼生(3年)を1失点完投勝利に導き「しっかり投手とコミュニケーションが取れた」と胸を張った。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント