花巻東・佐々木麟太郎選手に西武3人態勢など日米10球団16人視察、ヤクルトがドラフト1位評価

中日ドラフトニュース 高校野球ドラフトニュース 東京ヤクルトドラフトニュース 2023年ドラフトニュース 埼玉西武ドラフトニュース 北海道日本ハムドラフトニュース 阪神ドラフトニュース 巨人ドラフトニュース

夏の高校野球岩手大会では、花巻東が初戦を迎え、佐々木麟太郎選手がヒットを放った。この試合には日米10球団16人のスカウトが視察し、埼玉西武は3人態勢で視察した。

スポンサーリンク

ヤクルトがドラフト1位評価

佐々木麟太郎選手はこの日の盛岡市立戦でこの初戦を3番ファーストで出場すると、3回の先頭で130キロのストレートを痛烈にセンター前に弾き返した。この安打を起点に2点を挙げ、7回コールド11−1で勝利、佐々木選手は4打数1安打だった。

父の佐々木洋監督は「今大会は本塁打とか記録はどうでもいい、打たなくてもいいとも言っている。とにかくチームに貢献するバッティングをしてほしい」と話す。佐々木選手も「去年よりも確実にバットスピードも打球速度も上がっている」と話し、強いライナーを打つことを意識するが、ライナーの打球でも柵越えが多くなったと話す。

この日は埼玉西武が3人態勢で視察し、東京ヤクルト、阪神、巨人、中日、日本ハムなどNPBが6球団、日米合わせて10球団16人のスカウトが視察した。

埼玉西武・渡辺GM:「魅力的な選手であることは確か。あそこまで飛ばす選手はなかなかいない。打球が上がるスイングをしているし、あれだけバットを振っていけるのは魅力」

巨人・榑松スカウト部次長:「スイングのスピードがずば抜けている」

北海道日本ハム・白井スカウト:「佐々木も飛距離ではひけをとらないでしょう。もう一つは、プロ野球でお客さんを呼べる魅力がどれだけあるか。その点でのすごさも2人が共通しているところ」(大谷翔平選手と比較して)

そして東京ヤクルト斉藤スカウトは、安打の当たりについて「打球の速さが違う。角度がついていればホームラン」と話し、「打球を飛ばせるのは持って生まれた能力で、誰でも飛ばせるわけではない。あれだけ飛ばせる選手は大学、社会人を含めていない」と、今年のNO.1野手と評価、「1位じゃないと獲れない。」とドラフト1位ランクと評価した。

埼玉西武は大型のファースト、サードの選手として中村選手、山川、渡部などを育ててきた実績がある。山川選手が不祥事により試合に出ていない状態となっており、今後の動向がきになる所だが、それと合わせても佐々木選手の1位指名の可能性はありそうだ。

5月に背筋を痛めたものの、6月下旬には高校通算本塁打を140本に伸ばした。佐々木監督は「ちょっとまだ本調子じゃない」と、背中の違和感が残っていると話す。本人もホームランを狙わない打撃をするが、それでもホームランは飛び出すのではないかと思う。

2024年度-高校生内野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
夏の高校野球・岩手大会(2023)の注目選手、ドラフト注目度A
夏の高校野球岩手大会の注目選手です。ドラフト注目度A。
花巻東・麟太郎 ヤクルトが1位にリストアップ!ポスト村上狙う 高校通算140発男「逆襲」の夏 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 高校歴代最多の通算140本塁打を誇る今秋ドラフトの超目玉、花巻東の佐々木麟太郎内野手(3年)が13日、岩手大会初戦となった盛岡市立との2回戦に「3番・一塁」で出場。3回に今夏初安打となる中前打を放ち、7回コールド発進に貢献した。4打数1安打1四球で本塁打は出なかったが、怪物スラッガーにプロ6球団のスカウトが集結。ヤク...
【岩手】花巻東・佐々木麟太郎に日米10球団スカウト16人熱視線「スイングの速さずば抜けている」 - スポーツ報知
 4年ぶりとなる夏の甲子園出場を狙う花巻東は、高校通算140本塁打の佐々木麟太郎内野手(3年)が「3番・一塁」で出場して4打数1安打だった。チームは盛岡市立に11―1で7回コールド勝ちし、初戦を突破し
花巻東・佐々木麟太郎の夏開幕 日米10球団スカウトの前でまずは痛烈安打で大勝貢献/岩手 - 高校野球夏の地方大会 : 日刊スポーツ
麟太郎の最後の夏が開幕した。高校歴代最多の通算140本塁打を誇るプロ注目スラッガー、花巻東(岩手)・佐々木麟太郎内野手(3年)が今夏初安打を放った。初戦の盛岡… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
大谷先輩に続け!〝怪物〟佐々木麟太郎の夏が始まった 花巻東コールド発進/岩手大会
岩手2回戦で、高校歴代最多の通算140本塁打を誇る花巻東の佐々木麟太郎内野手(3年)が今夏初戦に臨んだ。盛岡市立戦に「3番・一塁」で出場し、4打数1安打、1四球…
花巻東・佐々木麟太郎 最後の夏幕開け打!父・佐々木監督の不安払拭 6球団スカウト視察/デイリースポーツ online
「高校野球岩手大会・2回戦、花巻東11-1盛岡市立」(13日、きたぎんボールパーク) 岩手大会では、高校通算140本塁打の花巻東・佐々木麟太郎内野手(3年)が初戦に臨み、4打数1安打1四球。チームは七回コールド勝ちした。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2024 Draft home page

コメント