夏の高校野球・大阪大会(2024)の注目選手、ドラフト注目度A

2024年ドラフトニュース 高校野球ドラフトニュース

夏の高校野球大阪大会の注目選手です。ドラフト注目度A。

スポンサーリンク

注目選手

大阪桐蔭の境亮陽選手は、センバツでの俊足に春には長打力が伸びて柵越えやフェンス直撃の当たりも目立つ。50m5秒台の足はもちろん146キロを記録する肩の強さもあり、身体能力型の遊撃手では今年NO.1だと思う。進学の可能性が出ている中で将来が非常に注目される。また平嶋桂知投手は187cmの右腕で154キロを記録する。この力があればもっと圧倒的なピッチングも見たい所ではあるが、今は底上げをしている段階で将来はすごい投手になりそう。

大阪学院大高の今坂幸暉選手は遊撃手として非常にバネのある動きを見せ、一塁への送球も強い。50m5秒台の足もある選手で春にはチームを大阪チャンピオンの導いた所も評価したい。

その他の選手

大阪桐蔭は徳丸快晴選手とラマルギービン・ラタナヤケ選手が1年時から全国屈指のスラッガーとして注目されている。ホームラン数も順調に伸ばしていて徳丸選手は38本、ラマル選手も28本塁打。他の高校にいれば間違いなく注目される中で大阪桐蔭だと突出することができないが、すごい選手に間違いない。

他にも2年の吉野颯真選手も190cm100kgの体格から痛烈な打球を飛ばし、投手でも大型サイドハンドの安福拓海投手、きれいなフォームの川上笈一郎投手、173cmの左腕・南陽人投手なども140キロ中盤を記録し力がある他、2年の森陽樹投手は来年はドラフト1位クラスの投手で190cmから152キロを記録し、中野大虎投手が180cmから149キロの球を投げ、落ちるボールも鋭く森投手よりも実戦で活躍できている。

大阪学院大高の志水那優捕手は二塁送球が1.78秒を記録しプロ注目の強肩捕手。松下凌大投手は187cm90kgの大型右腕で148キロを記録している。

履正社の右腕の高木大希投手が172cmと大きくないが147キロを記録する右腕投手、2年生の層が厚く入学時から注目されている矢野塁投手、140キロを記録する今井珀翔投手、制球が安定しスピードも伸びてきた藤原僚人投手などがいる。打撃では近澤賢虎選手が強打で足もあり、1番打者として固定された。俊足の村田駿選手も注目。

大体大浪商の郷上陽太投手は179cmの右腕で143キロを記録、2年の高原雅幸投手も左腕として将来性有望で、俊足で強打の徳上蔵之介捕手がリードする。守備の良い中野翔大選手もいる。

近大付の山田翔太投手は194cmの左腕投手で期待されている。2年の宮崎斗輝投手が130キロ中盤を記録しており安定している。

太成学院大高の有水太一選手は179cm86kgの右のスラッガーで通算14本塁打を記録、右腕の田中陽翔投手と鈴木聖夜投手が130キロ台の球を投げる。

浪速高の金谷真次投手は189cmの右腕で130キロ中盤に鋭いスライダーを投げる。大阪電通大高の須田翔太投手も143キロを記録、清教学園の佐野友哉投手も190cm87kgの右腕で130キロ後半の球を投げる。関大一の万力康生投手は180cmの右腕で130キロ中盤の伸びのある球を投げる。精華高の上野剛志投手173cmと大きくないが本格派の雰囲気がある。金光大阪の唐渡智大投手は182cmの右腕で140キロを越す球を投げる。

北野高の福永吏都投手は140キロの速球を投げ、交野の鈴木一虎投手は内野手で出場するが186cm82kgの右腕としても144キロを記録する。池田高の竹内優騎投手も140キロを記録し、私学に負けていない。

東海大大阪仰星の中村優選手はショートを守るが、巧みな打撃でヒットを量産する。布施工科の黄黒楽選手は182cm79kgの体がありホームランも打てる選手。

2年では興国高の大鶴彪太朗選手は181cm82kgの右のスラッガーで注目されている。

2024年度以降-高校生-大阪府のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2024 Draft home page

コメント