夏の高校野球・鹿児島大会(2024)の注目選手、ドラフト注目度B

2024年ドラフトニュース 高校野球ドラフトニュース

夏の高校野球鹿児島大会の注目選手を紹介します。ドラフト注目度B。

スポンサーリンク

注目選手

神村学園の正林輝大選手はセンバツでの一発も含めて、今年の高校生スラッガーでトップクラスだと見られる。侍ジャパンU18代表でも他の選手が正林選手の打撃を参考にするほどで、振り回すのではなくバットを入れて運ぶスイングは天性のものを感じる。

鹿児島実の井上剣也投手は昨年は140キロ台のキレの良い球を投げる投手だったが、今年に入り152キロを記録した。強いストレートで押し込むピッチング、インコースにもグイグイ来る感じは打者にとって恐怖。原田颯馬選手は179cm97kgのスラッガーで右の大砲。大振りしなくてもスタンドに運ぶ所は、正林に近い所がある。

鹿屋中央の谷口優人投手は昨年夏に、144キロながらバッターの手元で差し込むストレートを投げていた。このまま体格が良くなり、球速も良くなっていけばと思ったが故障により登板が見られていない。

その他の選手

エースとして投げてきた今村拓未投手は142キロ左腕でカットボール、フォークなども使う好投手。春にエース格として投げた2年生の早瀬朔投手は184cmの長身で最速は144キロ、角度のあるストレートが魅力。同じ2年の窪田瑶投手も140キロを記録する左腕投手。野手ではスピードスターの2年・入耒田華月選手、スラッガーとして期待されている今岡拓夢選手、左腕投手としても力を見せ始めた上川床勇希選手、打撃の良い二塁手・増田有紀選手などオールスター級が並ぶ。

鹿児島実業は控え投手も186cmから140キロの球を投げる菊池匠太郎投手、142キロ右腕の長田鉄生投手、130キロ中盤の球を投げる菅田空来投手などがおり、2年捕手の島田真拓選手も成長している。

れいめいは谷内秀乃介投手が176cmの右腕で143キロのストレートの変化球も一通り投げる完成度の高い投手。2年生の高田直輝投手は181cmの右腕で角度のある141キロの球が魅力。スリークォーターからキレの良い球を投げる北田閏大投手も180cmの身長がある。攻撃では藤本悠人選手が170cm74kgと大きくないものの高校通算20本塁打を打っている。

樟南の永田迅投手は186cm71kgの右腕投手で141キロを記録する。体ができてきたら楽しみな投手。坂口優志選手は180cmの遊撃手で軽快な動きが素晴らしい。2年時から中軸を打っている打撃も楽しみ。

指宿商の佐藤光希選手はどこでも守る器用さと、投手としても136キロを記録する力がある。前村航選手は50m6.1秒もの俊足がひかり、ショートとして守備がうまい。

鹿児島ラ・サールの青山紘明投手は168cm58kgだが134キロを記録、松田理央選手はショートを守り肩が強い。

鹿屋農業は竹下慶哉投手が138キロ、吉元翔皇投手が139キロを記録し、スピードのある投手がそろう。

徳之島の上原龍樹捕手は176cm86kgの強打者の一人として注目される。大島高の永田泰雅選手は186cm83kgの恵まれた体があり、スイングがシャープ。鹿児島玉龍の堀裕斗捕手は170cm65kgの捕手で鹿児島県選抜で正捕手となった実力がある。甲南の西中間大陽捕手もデータを駆使する。

出光工業の松元怜音投手は140キロの速球を投げる投手で見てみたい。

2024年度以降-高校生-鹿児島県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2024 Draft home page

コメント