夏の高校野球・富山大会(2024)の注目選手、ドラフト注目度C

2024年ドラフトニュース 高校野球ドラフトニュース

夏の高校野球富山大会の注目選手です。ドラフト注目度C。

スポンサーリンク

注目選手

富山商の福田敦士選手が188cm88kgの三塁手で、主砲として長打力が評価されるほか、投手としても長身から130キロ中盤の速球を投げる信頼された選手。

高岡商の金子虎大選手も183cm82kgの右腕投手で、143キロを記録する力強いストレートを投げ、春は高朋高を5回4安打2失点に抑えた。

その他の選手

富山商はエース左腕の宝泉陸斗投手がキレの良いストレートと変化球を投げ、三振を奪っていく投手。ショートの森亮太選手は184cm84kgのサイズがあり、投手としても141キロを記録する。山本心太郎投手も春に高岡商を3安打完封した。リードする鶴田尚冴捕手は1番バッターとして長打力を見せる。

高岡商は三上亮汰投手が130キロ中盤を投げる左腕投手で、安定感抜群のピッチングをする。鞍本琥珀選手は攻守に堅実なプレーをする主将。

高岡第一の大門穂高投手は右のサイドハンドから140キロのストレートを投げ、打ちにくい球筋で空振りを奪う。田中祐磨選手は174cm86kgの左の強打者でスイングスピード142キロを誇る。上防寺蓮仁選手が4番として確実性も高い。田中優雅選手も打撃でチームを引っ張る。

新湊の釣谷陽哉選手は1年夏からショートを守り、打撃でも強い打球を打つ。舟瀬蔵乃佑投手は130キロ後半の強いストレートを投げる。

桜井高の小林斗輝投手は180cm85kgの本格派で球速は142キロを記録する。ショートとしても出場し強肩でアウトにする。

高朋高の冨田奏投手は176cmの右のサイドハンドで130キロ中盤の球と110キロ台の球で緩急をつける。富山北部の福山天輝投手も179cm82kgの左腕で注目、力強いストレートは県でも屈指。富山西の唐島田悠斗選手も力のある球投げる。富山国際大付の古市純投手も小柄だが130キロ台を記録する。

2年生では未来富山の江藤蓮投手が182cm80kgの左腕投手で141キロを記録しており、来年が注目。氷見の冨樫慶哉選手が投げては130キロ中盤、打者としても4番を任されている。富山西の藤田悠一郎選手も1年時から活躍しており足を生かしたプレーをする。

2024年度以降-高校生-富山県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2024 Draft home page

コメント