延岡学園2年・藤川敦也投手が150キロ、初戦突破

2025年ドラフトニュース 高校野球ドラフトニュース

夏の高校野球宮崎大会では、延岡学園が都城東と対戦し、2年生で最速153キロを記録する来年の目玉・藤川敦也投手が先発した。

スポンサーリンク

150キロ

「飛ばしすぎは良くない」と序盤を抑え気味に入りストレートは140キロ台に抑えたが、3回に先頭打者に四球を与えると4連打を浴びて3失点した。しかしその後の1アウト1,2塁のピンチではギアを挙げて150キロを記録し、空振り三振などで抑えた。

4回からの3イニングは1安打5奪三振で抑え、「4回から自分のペースで行けた」と話した。7回からはレフトに回ると、同点の9回2アウトの場面でバックホームでストライク返球をして失点を阻止すると、延長11回のタイブレーク2イニング目ではノーアウト満塁で犠牲フライを打ち上げサヨナラ打となった。

苦戦ながらも初戦を突破した延岡学園、来年の候補だが、藤川敦也投手の登板にはスカウトも姿を見せると思う。

夏の高校野球・宮崎大会(2024)の注目選手、ドラフト注目度B
夏の高校野球宮崎大会の注目選手を紹介します。ドラフト注目度B。
2025年度-高校生のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

富士川150キロ、V犠飛 ー スポーツニッポン西部版紙面

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2024 Draft home page

コメント