北海道日本ハム、ルーキーは全員2軍キャンプから

有原航平, 瀬川隼郎

 北海道日本ハムはキャンプの1軍、ファームメンバーの振り分けを発表し、ルーキー9人は全員ファームのキャンプスタートとなった。

瀬川投手もファームから

 北海道日本ハムは昨年のドラフトで9人を指名したが、7人は高校生選手、大学と社会人の即戦力としては、ドラフト1位の有原航平投手とドラフト5位の瀬川隼郎投手の二人だった。

 そのうち、有原航平投手は昨年痛めた肘の状態も考慮しファームキャンプスタートが決まっていたが、28歳のルーキー・瀬川投手もファームキャンプからのスタートが決まり、これで昨年に続きルーキーは全員が2軍キャンプからのスタートとなった。

 

それでも昨年は7人が1軍出場経験

 それでも昨年は8人中7人が1軍出場を果たしている。ドラフト2位の浦野博司投手はローテーションの一角に入り7勝を記録すると、ドラフト6位の白村明弘投手もシーズン終盤にリリーフの一角としてCSでも登板を見せている。

 他にもドラフト1位の渡辺諒選手は、シーズン序盤に大きなけがをしてしまったものの10月2日に1軍登録されてヒットを記録、ドラフト7位の岸里亮佑選手、ドラフト8位の石川亮選手も同じ日に初ヒットを打ち、期待を高めている。

 キャンプ開幕を2軍からスタートさせ、落ち着いてプロ野球に入らせた事が効果があったのか、今年もその結果に注目したい。

2014年ルーキー/成績一覧 | ドラフト会議ホームページ2015 Draft home page

ニュース | 2015年春季キャンプメンバーのお知らせ | 北海道日本ハムファイターズ


PAGE TOP