センバツに出場しない高校生注目選手、桐生第一・山田知輝投手

高校野球ドラフトニュース 2015年ドラフトニュース

 センバツ出場チームが発表され、県岐阜商の高橋純平投手や仙台育英の平沢大河選手が注目されそうだが、センバツに出場しない高校生選手でも楽しみな選手がたくさんいる。

昨年センバツの主役候補だった桐生第一・山田知輝投手

 昨年のセンバツ大会は、新2年生エース・高橋奎二投手を擁した龍谷大平安が優勝した。一昨年のセンバツでいう浦和学院の小島和哉投手のように、新2年生サウスポーの優勝だった。

 しかしもう一人、新2年生でベスト4入りした桐生第一の山田知輝投手も素晴らしいピッチングを見せている。初戦の今治西戦を3安打1失点で完投すると、2回戦ではセンバツの好投手として注目されていた広島新庄の山岡就也投手との投げ合いとなり、延長15回163球を一人で投げ抜いて7安打1失点に抑えるものの決着がつかずに引き分け再試合となった。

 そして再試合でも先発をすると、今度は3安打で完封し勝利をしている。

 さすがに疲労がたまり、続く準々決勝の龍谷大平安戦では先発することができず、リリーフで3回1/3を投げると、4-4の同点で迎えた10回裏にサヨナラで敗れ悔しい負けを喫したものの、もし引き分け再試合が無ければ龍谷大平安の優勝は無かったかもしれない。

 センバツでは一昨年に2年生ながら延長戦などを戦い、準優勝をしている済美の安楽智大投手のような活躍を見せた。球速こそ130km/h台だが、その伸びやかできれいなフォームから、投げっぷりの良さを感じさせる堂々とした投球を見せる。

 184cm80kg、右投手だが打席では左に入り打撃でもセンスを見せるなど、野球センスの良い選手だと思う。

 今年、球速も140km/h台中盤を記録してくるだろう。そうしたら高校生でもトップクラスの評価を受ける投手となってくる可能性が高い。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント