東明大貴投手が5回2失点、山川穂高選手が2戦連発

社会人野球ドラフトニュース 侍ジャパン 2013年ドラフトニュース

 東アジア大会日本代表とイースタンリーグの混成チームの2戦目が行われた。

 昨日はセガサミー・浦野博司投手が先発したものの3-8で敗れた日本代表チームだが、この日はドラフト1位候補、富士重工・東明大貴投手が先発した。東明投手は2回にヒット2本も無失点、3回には連打と送りバントで1アウト2,3塁からタイムリーヒットと併殺崩れで2失点してしまう。その後もヒットを許したものの粘りを見せ、5回7安打2失点、2奪三振という投球となった。

 その後、日本代表はベテラン、JR九州の濱野雅慎投手が2回を無失点に、昨日1失点のパナソニック・秋吉亮投手が登板すると1回でヒット1本を許したものの2三振を奪い無失点に抑えた。そして9回は日本生命・吉原正平選手と交代して代表入りした東京ガスの石川歩投手が登板、1回をノーヒット1奪三振で締めた。

 打撃では2回に富士大の山川穂高選手が2戦連発となるホームランを放つと、8回には横浜DeNAの北方悠誠投手が2つの四死球を与えると、捕逸で失点するなど自滅して5-2で日本代表が勝利した。JR東日本・吉田一将投手は登板しなかった。

 浦野博司投手、東明大貴投手、秋吉亮投手、石川歩投手といった投手が都市対抗に続き登板をしている。調子で言えば、都市対抗でもこの2試合でも良いとはいえない感じだが、評価が急激に上がったり下がったりする事はないだろう。ただし確実に1位候補と言い切れるような投球が見せられていないのも事実。

 日米大学野球選手権では大瀬良投手が素晴らしい投球を見せながらもエースとしての活躍を見せられず、杉浦稔大投手もまだ調子が戻っていなかった。高校野球でも松井裕樹投手が調子が良いという感じではなく、他にドラフト1位候補として入ってきそうな投手はいなかったと思う。おそらくドラフトでは結果的に社会人投手の1位指名が多くなりそうではあるが、捕手や遊撃手の貴重なポジションの補強や将来性を見越した指名など、各球団とも非常に難しいドラフトとなりそうだ。

原沢GM観戦、アマ日本代表  - スポーツ報知紙面:2013/8/4

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント