プロ注目捕手、Honda・辻野雄大選手が3打点、JR東日本・田嶋大樹投手は4失点

社会人野球ドラフトニュース 2017年ドラフトニュース

社会人野球、JABA岡山大会が開幕し、プロ注目の捕手、Honda・辻野雄大選手が3打点の活躍を見せた。

白鴎大出身

辻野雄大選手は白鴎大出身の捕手で、セカンドまでの送球は1.9秒台を記録、大学では主軸を打ち3年秋は打点王に輝いた。社会人でも正捕手としてマスクを被り、昨年の都市対抗では1番レフトで出場するなど打撃も評価されている。

この日は6回、1アウト1,3塁の場面でセーフティスクイズを決めると、8回2アウト1,2塁の場面ではライトオーバーの2点タイムリー2ベースヒットを放ち、2安打3打点を挙げた。チームはタイブレークを制して勝利した。

辻野選手は、自分はプロに行けるような選手ではないというものの、「野球をやっている以上は、そこを目指さないとうまくなれないと思う。何年目とかは関係なく、結果につながることを積み重ねていくだけです」と話し、プロを目指して取り組んでいることを話した。

しっかりとしたプレーを続け、アピールを続けてほしい。

その他の試合

JR東日本は田嶋大樹投手が先発し5回まで伯和ビクトリーズを無失点に抑えたものの、6回に4失点した。9回まで完投したが試合は1-4で敗れ敗戦投手となった。

大阪ガスは飯塚孝史投手が最速143キロの速球とタイミングを外す変化球を交え、5回を投げて航空自衛隊千歳をノーヒットに抑えた。ノーヒットノーランを継続していたものの、竹村監督は飯塚投手を「次も試合があるし、他にも投げさせたい投手がいたので」と降板させると、小畑彰宏投手も2イニングをノーヒットに抑え、13-0で7回コールド勝ちを納めた。

大阪ガスからは昨年のドラフトで酒居知史投手、土肥星也投手の2枚看板が共に千葉ロッテに指名され、チームはその後釜を巡る投手陣の激しい競争となっている。飯塚投手は社会人6年目になるが履正社高校から入部しており、大学4年を経て今年解禁となる選手と同じ年齢である。同じく高校から社会人6年目で、昨年の日本選手権でノーヒットノーランを達成した猿渡眞之投手と共にエースを争い、「年齢的にも最後の年なので、チャンスがあれば2人で一緒にいきたい」と今年への意気込みを見せた。

2017年度-社会人捕手のドラフト候補リスト

2017年度-社会人投手のドラフト候補リスト

自分はプロに行けるような選手ではないと謙そんするものの、秘めた思いものぞかせる。「野球をやっている以上は、そこを目指さないとうまくなれないと思う。何年目とかは関係なく、結果につながることを積み重ねていくだけです」。

「調子は良くも悪くもなかったです。キャッチャーを信じて投げました」。最速143キロの直球に緩い変化球を交え、15アウトのうち9個を内野ゴロで奪った。竹村誠監督は被安打0のまま右腕を交代させた理由を「次も試合があるし、他にも投げさせたい投手がいたので」と説明。飯塚の快投には「経験を積ませたかった。本人がいい自信にしてくれれば」と目尻を下げた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント