慶応大・関根智輝投手が1年生開幕初勝利、立教大・笠松悠哉選手は3安打

2020年ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース 2017年ドラフトニュース

東京六大学の慶応大vs東大の試合では、慶大の1年生・関根智輝投手が開幕戦で先発し、5回を1失点に抑えて勝利投手となった。

都立の星

関根智輝投手は183cm86kgの大型右腕で最速145キロの速球を投げる。昨年は都立城東高校のエースとして投げ、夏の大会では帝京高校に勝利するなど活躍しプロからも注目されていた。しかし準決勝で対戦した関東第一に0-3で敗れ、プロは「難しいかなと思う」と進学を決めていた。

慶応大に進んだ関根投手はこの日、1年生ながら開幕戦の先発のマウンドに上ると、5回を投げて5安打を許したものの、最速を140キロのストレートを中心に、ツーシーム、チェンジアップで粘りの投球を見せ、5回5安打3奪三振2四球で1失点に抑え、初勝利を挙げた。

145キロの速球を投げ都立の星として注目されていた関根投手だが、「大学では僕の球速は普通。こだわらなくなったのが一番の変化」と話し、球速よりも制球や投球の幅を広げる取り組みをしっかりできている。

しかし将来は、広島にドラフト1位で指名され、先日の試合で9回1アウトまでノーヒットノーランを継続しプロ1勝を挙げた加藤拓也投手の名を挙げ、「加藤さんを目標に、越せるように努力していきたいです」と話し、3年後のドラフト1位指名を目指す。

これから4年間、リーグ戦の成績はもちろん、球速も増していく必要がある。どのような成長を見せるのか楽しみ。

立教大vs法政大は引き分け

またこの日のもう一試合、法政大vs立教大は延長12回の末6-6で引き分けた。立教大のプロ注目・笠松悠哉選手が4番サードで出場し、5打数3安打1打点を記録、また同じく4年生の山根佑太選手が7番レフトで出場すると、9回に同点に追いつくソロホームランを放つなど、6打数3安打1打点を挙げた。

法政大はドラフト候補の熊谷拓也投手が登板するも3回0/3を投げて8安打を許し4失点で降板した。

慶応義塾大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

立教大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

法政大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

都城東時代は最速145キロで、プロからも注目された「都立の星」。文武両道と4年後のプロ入りを目指して慶大に進んだ。同級生では昨夏甲子園準優勝の北海・大西らがいて刺激を受ける。「大学では僕の球速は普通。こだわらなくなったのが一番の変化」と制球を心掛ける。90年前、1年春で開幕投手を務めた宮武は通算歴代6位の38勝したレジェンドだ。プロ注目の宮台に投げ勝ち、歴史的一歩を踏み出した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント