パナソニック・片山勢三選手がホームラン、阪神など3球団視察

パナソニック, 片山勢三

社会人NO.1スラッガーと注目されたパナソニックの片山勢三選手が、日本選手権近畿地区予選のミキハウス戦でホームランを放ち、視察した3球団のスカウトのアピールをした。

3球団視察

片山勢三選手は社会人1年目だった昨年のスポニチ大会で2打席連続ホームランを放ち、都市対抗でもホームランを放って、今年の社会人の、スラッガータイプのドラフト候補として注目されていた。

しかし、今年は春先からの爆発が見られず、都市対抗でも1回戦、2回戦で7打数0安打と苦しんだ。しかし、準々決勝では2安打を見せるなど、14打数3安打とやや上昇のきっかけも見せていた。

この日の日本選手権近畿予選には、その片山選手のチェックに阪神など3球団のスカウトが集まった。片山選手は2打席凡退後にバッターボックスの立つ位置を変え、レフトスタンドにホームランを放った。立ち位置を変えた事について、「あんまりやったことがなかったけど、継続してやっていこうと思う」と話した。

今年は高校生の右のスラッガーがそろうが、大学・社会人で、特にホームランに特化した選手は少なく、各球団のスカウトが片山選手に期待をしている。

まずはドラフト前に行われる日本選手権前の予選でチームを本戦出場に導く活躍をして、ドラフト会議で指名後に日本選手権でホームランを量産して、指名された球団を喜ばせたい。

2019年度-社会人内野手のドラフト候補リスト

普段立つのは打席のほぼ真ん中だが、変化球が手元で曲がる前に仕留めるために、踏み出した左足が出ないギリギリのところまで最大限投手寄りに立った。狙いはズバリ的中。内角から真ん中に入ってくる高めのスライダーが手元で変化しきらないうちに強振し、打球を左翼スタンドまで運んだ。「あんまり(前に立つのは)やったことがなかったけど、継続してやっていこうと思う」と顔をほころばせた。


PAGE TOP