オリックスドラフト7位の小木田敦也投手、4失点も粘投

社会人野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース オリックスドラフトニュース

オリックスがドラフト7位で指名したTDKの小木田敦也投手が、この日の西部ガス戦で先発すると、2回に3ランホームランなど4失点をした。

スポンサーリンク

5回7安打

しかし、その後は本来の投球を見せ、3回から5回までは無失点に抑えた。2回に4失点した時は「どうなるんだろう」と思ったと話すが、5回まで粘れたことに、「今までやってきたことは間違いじゃなかった」と話した。

小木田投手は角館高3年の夏に、ノーヒットノーラン投球を見せて注目された。その後、地元のTDKに進んだものの、全国への道は険しかった。ドラフト指名解禁となった3年目は指名がなく、4年目の昨年は、エースとして150キロの球を投げて全国の舞台に出場したものの指名漏れとなった。

そして5年目、先発として安定した投球を見せた小木田投手は、ついにオリックスから7位で指名されると、この日は本来の調子ではなかったものの、全国の舞台でも勝ち上がった。色々な運が良い方向に向かっている。

長い間過ごしてきたTDK野球部を卒業する。色々な思いが頭を巡り、この日の登板は「珍しく緊張した」という。大きなお土産を残して、プロへと飛び立ちたい。

【都市対抗野球2021】6日目の対戦カードと注目選手一覧
今日から都市対抗野球が開幕する。6日目の対戦カードと注目選手を紹介します。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント