盛岡大付, 三浦瑞樹, 平松竜也

No Image
センバツ出場が濃厚となっている盛岡大付、昨年夏の甲子園で打線は3試合で28点を奪ったが投手陣は3試合で25点を失った。課題となる投手陣は、技巧派左腕の三浦瑞樹投手と144キロの速球派右腕・平松竜也投手などが競い合って成長を目指す。

盛岡大付, 植田拓

No Image
昨年の東北大会で決勝まで勝ち上がりセンバツ出場が確実とみられる盛岡大付、昨年夏の甲子園は1回戦で8点、2回戦で11点、3回戦で9点を奪い屈指の強打を誇ったチームで3番を打った植田拓選手が、センバツでも猛打を見せる。

東日本国際大, 盛岡大付, 塩谷洋樹, 菅原優輝

No Image
この夏の甲子園で強打で3回戦まで勝ち上がった盛岡大付の4番・塩谷洋樹選手が、東日本国際大に進学することが分かった。2番セカンドの菅原優輝選手も共に進学する。

明徳義塾, 盛岡大付, 西浦颯大, 塩谷洋樹

No Image
甲子園大会も終盤に差し掛かっている。この日は明徳義塾の2年生・西浦颯大選手がホームランを放ち力を見せた。また盛岡大付の塩谷洋樹選手が2戦連続3ランに4安打と大活躍を見せたものの、甲子園を去ることになった。

九州国際大付, 盛岡大付, 藤本海斗, 坪田伸祐

No Image
盛岡大付vs九州国際大付の試合は坪田伸祐投手と藤本海斗投手の両エースが先発、ともに140キロを記録するなど強豪チーム同士の対戦となった。しかし試合は14安打と12安打、8-6という乱打戦となった。

盛岡大付, 坪田伸祐

No Image
まだそれほど注目度は高くないものの、この大会で評価が上がりそうな投手がいる。盛岡大付の坪田伸祐投手は141キロの速球を投げる右腕で、岩手大会では背番号10をつけていたが、甲子園では背番号1を背負う。

盛岡大付, 竹本祐瑛, 八戸西, 植田拓

No Image
春季高校野球青森大会は決勝が行われ、八戸西が弘前学院聖愛を5-4で下し優勝を決めた。143キロ右腕・竹本祐瑛投手が13奪三振を記録した。

花巻東, 盛岡大付, 高橋樹也, 杉山晃基, 中島和俊, 秋田南

 高校野球春季東北大会では、140km/h中盤の速球を記録する投手が続々登場し、今年の東北地方のレベルの高さを示した。盛岡大付の杉山晃基投手には、巨人のスカウトが高い評価をした。

有原航平, 横山雄哉, 盛岡大付, 松本裕樹, 佐野泰雄, 平成国際大, 新日鐵住金鹿島, 早稲田大

 横浜DeNAは高田GM、中畑監督が出席してスカウト会議を開き、ドラフト1位では有原航平投手を指名することが濃厚となった。

盛岡大付, 松本裕樹

 スポーツ報知では23日のドラフト会議に向けて「球児に迫る」という特集を始めた。第1回は盛岡大付・松本裕樹投手で、松本投手は小学校2年生の時に横浜ベイスターズの試合前のスピードガンコンテストでマウンドを経験していたという。

スポンサーリンク
PAGE TOP