盛岡大付・渡邊翔真選手は東北福祉大へ、甲子園で完全試合あと一歩も大学では野手一本で勝負

2025年ドラフトニュース 高校野球ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

盛岡大付の渡邊翔真投手が、東北福祉大に進学をし、大学では野手一本で4年後のプロ入りを目指す。

スポンサーリンク

捕手以外すべて守る

渡邊翔真選手は高い野球センスを持ち、高校1年春からベンチ入りをすると、3年間で捕手以外のすべてのポジションを守った。

投手として今夏の甲子園・沖縄尚学戦で、8回2アウトまでパーフェクト投球を見せていた。しかし、本格的に投手として取り組んだのは今年春からだったという。

野球をはじめてから野手がメインで、「野手でやっている時間の方が長かった。投手でやって結果が出なければ後悔すると思った」と、将来のことを考え、大学では野手一本でプレーする覚悟を決めた。

そして進路は東北福祉大を選んだ。関口監督の出身大学でもあり、同大学からは今年のドラフト会議で4人が指名されているが、そのうち、オリックス育成ドラフト3位の大里昂生選手と、福岡ソフトバンク育成ドラフト4位の三浦瑞樹投手はともに盛岡大付出身の先輩となる。

4年後のプロ入りを目指すための決断。渡邊選手も「今言っている、4年後プロ入りが恥ずかしくならないように結果を出す以前に、日々の取り組みを大事にしていく」と決意を示す。

大学でも1年春からベンチ入り、そして野手のどこかでポジションを取りそうな感じだ。2025年のドラフト会議で注目の選手となりたい。

盛岡大付属高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
東北福祉大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

聖地で堂々の「快投劇」を演じたが、大学では野手一本で勝負する。16強入りした夏の甲子園、沖縄尚学との2回戦で8回2死まで完全投球を披露。達成していれば大会史上初となる、完全試合の大偉業だった。「ヒットを打たれてからが、怖いと思っていた。今となっては、もっと貪欲に(完全試合を)狙いにいっても良かったかな」と笑顔で振り返った。本格的な投手歴は高3春からで、野球を始めた小学2年から野手がメインだった。だからこそ、こだわりがある。「野手でやっている時間の方が長かった。投手でやって結果が出なければ、後悔すると思った」と自らが悔いなく、納得のいく選択を探った。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント