富士大・多和田真三郎投手が147km/h記録、2球団4人のスカウト視察

大学野球ドラフトニュース 千葉ロッテドラフトニュース 東北楽天ドラフトニュース 2015年ドラフトニュース

 今年のドラフト1位候補右腕、富士大の多和田真三郎投手が、地元沖縄で行われた法政大との練習試合で登板し、最速147km/hを記録した。

カーブ、フォークも試す

 多和田真三郎投手は沖縄・中部商出身の右腕で高校時代も注目されたが、富士大に進むと1年生の秋に出場した明治神宮大会でノーヒットノーランを達成し、一気に評価が上がった。最速151km/hのストレートを投げ、今年のドラフト1位候補の一人。

 富士大は多和田投手の出身の沖縄でキャンプを行っているが、この日は法政大とオープン戦を行い多和田投手は5回1アウト1,3塁という厳しい場面で今季初登板する。すると、そこから最速147km/hを記録したストレートだけを投げ込んで打者二人を三振、レフトフライに抑えてピンチをしのぐ。

 そして6回は、フォーク、カーブなどを試して2安打を許したが、無失点に抑え「いい感じだった。初めてだったので、力を入れすぎず感触を確かめた」と話し、好調のスタートを切った。

 

2球団スカウト視察

 この日は千葉ロッテ、東北楽天の2球団のスカウトが視察し、千葉ロッテの永野チーフスカウトは「課題を持って投げているのが分かる。ストレートはやっぱりいい」と話すと、東北楽天・上岡スカウトも「ものが違う。立ち姿もいいし、貫禄がある。プロに入ってすぐにローテに入れるピッチャーだよ」と話した。

 今年のドラフト会議では明大・上原健太投手、駒大・今永昇太投手の二人の左腕がトップ評価となっているが、右腕では、仙台大の熊原健人投手とこの多和田真三郎投手がドラフト1位に入ってきそうだ。多和田投手は、高校生の高橋純平投手を含めても今年のNO1に評価されるかもしれない。

2015年度-大学生投手-右投のドラフト候補リスト

富士大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

 

 こなれた多和田の投球にネット裏のスカウトも絶賛した。ロッテ永野スカウトは「課題を持って投げているのが分かる。ストレートはやっぱりいい」と納得の表情。楽天の上岡スカウトマネジャーは「ものが違う。立ち姿もいいし、貫禄がある。プロに入ってすぐにローテに入れるピッチャーだよ」とほめまくった。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント