駒澤大・白銀滉大投手が力投、東京ヤクルト、巨人が高評価

駒澤大, 白銀滉大

東都大学リーグ、駒澤大は5-5で東洋大と引き分けた。4回途中から登板し8つの三振を奪う力投を見せた白銀滉大投手の投球が光った。

149キロリリーフエース

白銀滉大投手は昨年2部で2勝0敗、防御率1.21の成績を残し、チームを1部に昇格された立役者だった。そして1部で迎えた今春は、リリーフで登板して最速149キロを記録、やや横から投げる鋭いストレートが、プロのスカウトからも高い評価をされている。

この日の東洋大戦は先発と二番手投手が打たれて4回まで0-5と点差をつけられた。しかし、4回2アウト2塁の場面で白銀投手が登板すると、9回までの5回1/3を2安打8奪三振で無失点に抑えた。「気持ちの入ったボールで押し切れた」と気合のこもった投球を見せた。

チームも徐々に得点を奪い、6回に5-5の同点に追いつく。8回からは東洋大のドラフト1位候補で154キロ右腕の甲斐野央投手との投げ合いとなったがお互い譲らず、9回同点引き分けとなった。

ヤクルト、巨人スカウト評価

この試合には東京ヤクルトの酒井スカウトが視察し、「投げっぷりがいい」と評価した。また巨人の古城スカウトも、「2連投でもスピードが落ちない。いいボールがいっている」と評価した。力のある変則フォーム投手は、プロでも需要が高いと考えられ、ドラフト会議では早い段階で指名されてくるのではないかと思う。

リーグを代表するリリーフエースの甲斐野投手との投げ合いは、3戦目も、そして今後も続いて行きそうだ。

2018年度-東都大学リーグのドラフト候補リスト
2018年度-大学生投手-右投のドラフト候補リスト

プロ注目右腕の白銀がチームの勝ち点獲得へ望みをつなげた。5点差に広げられた四回2死二塁から登板し「気持ちの入ったボールで押し切れた」と5回1/3を無失点8奪三振。直後から味方打線が反撃するなど野手陣の奮起を呼ぶ快投を見せた。ヤクルト・酒井スカウトは「投げっぷりがいい」と最速149キロのリリーフエースを評価した。


PAGE TOP