東京新大学リーグ、千葉県大学リーグが開幕延期

2020年ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース

東京新大学リーグと千葉県大学リーグは、春季リーグ戦の開幕の再延期を発表した。東京新リーグは5月下旬、千葉県リーグは6月20日を開幕予定となった。

再延期

創価大、共栄大、流通経済大などが所属する東京新大学リーグは、延期していた開幕をさらに延期し、5月下旬の開幕を目指す事を決めた。また、千葉県大学リーグも4月11日に延期していた開幕を、6月下旬に再延期することを決めた。

大学野球選手権が8月12日に延期されたことを受け、また、プロ野球なども開幕がさらに延期され、5月下旬、または6月まで延びる可能性も出てきており、新型コロナウイルスの拡大防止が当面必要と判断した。

大学のリーグ戦では、神奈川大学連盟が6月20日開幕を決定し、1日3試合、7月18日までの5週間を勝ち点制で行う事を発表しているが、千葉県リーグも同じような日程となるとみられる。

東京六大学リーグは5月中旬までの開幕延期を発表している。

2020年、大学野球春季リーグの開幕予定状況
新型コロナウイルスの影響による各大学野球連盟の春季リーグ戦の開幕予定をまとめます。6月2日更新
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント